【川崎登戸刺傷】犯人『岩崎隆一』は怒りっぽく家にいない?自宅も特定

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

岩崎隆一は小学校時代から怒りっぽい

 

NHKが岩崎隆一容疑者(51)の小学校、中学校時代の同級生に取材すると

「小学生の頃から怒りっぽく、鉛筆を刺したリする乱暴者」との回答があったとのこと。

それと「これくらいのことをしても不思議はない」とも。

すでに自宅も特定されています。

 

 

週刊ポストが家人に電話で取材すると

 

 

──そちらに警察から連絡などはありましたか。

「いま、おまわりさん来てるよ」

──そうでしたか。事件についてですが……。

「事件のことなんて何もわかりません」

──事件の前までも、岩崎容疑者は自宅にいたのでしょうか。
「ほとんどいないよ。いまはいない」

──一緒には暮らしていなかったんですか。
「暮らしているってものではないですね」

週刊ポストから引用

 

かなりいい加減な対応です。

この家族自体も何か不思議な感じがします。

息子と名乗る男はやはり偽物

 

岩崎容疑者の息子と名乗っていた男は偽物でした。

愉快犯で常習犯のようです。

こんな時に不謹慎極まりない。

 

まだYouTubeもツイッターも残っているので、警察が逮捕するとは思いますが、あまりに不愉快です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です