【札幌市】パート代が少なく車上荒らしの男逮捕‼︎Wワークが窃盗とは

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

車上荒らし105件の男逮捕


2014年から約4年間に路上駐車の車を狙う窃盗を105件、現金など約460万円を盗んだとして、札幌市北区の49歳のパート従業員の上野正之被告が29日までに逮捕・起訴されました。


上野被告は2018年10月11日午後2時30分すぎ、札幌市北区北35条西4丁目のコンビニエンスストアの駐車場で、車から現金約3万円が入った財布1個(時価2万円相当)を盗んだ罪に問われています。


スポンサーリンク

窃盗の理由はパート代が少ない?


上野被告は、2014年3月から2018年12月までの約4年間で105件、札幌市北区や東区の路上などで停めてあった車から現金など約460万円を盗んでいたことが分かり、29日までに追送検されました。


上野被告はコンビニや路上で、工事や清掃、引っ越し業者の無施錠の車を狙って犯行を繰り返し、「鍵が掛かっているかが外から見て分かる昼間だけやっていた」と話しているということです。


警察の調べに対し上野被告は、「スーパーのパートの給料は月に10万円程度、生活費が少ないので盗んでいた」と容疑を認めています。


Wワークが窃盗だったとは。


もう少し真面目に働けなかったのでしょか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です