【札幌2歳女児虐待死】「子供が嫌いだ」と話した藤原容疑者に前科あり

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

札幌2歳女児虐待の裏にある児相の罪のなすりつけ

 

札幌で2歳の池田詩梨ちゃんが衰弱死した事件から1週間を過ぎました。

 

参照:HTBニュース

 

今月5日、札幌市中央区の池田詩梨ちゃん2歳が栄養不足により衰弱死し、母親の池田莉菜容疑者21歳と交際相手の藤原一弥容疑者24歳が傷害の疑いで逮捕。

 

毎日記者会見をする高橋誠所長。

現在、児童相談所は人手不足であると力説しています。

 

参照:FNNニュース

 

札幌市は、不足している児童相談所の児童福祉司を今後4年間かけて増員する方針と発表。


詩梨ちゃんが死亡した3週間前、児童相談所は警察から面会に同行するよう求められましたが、人手不足を理由に同行しませんでした。


今後は職員の数を増やしていくことも決まりました。

国の基準では、児童相談所の職員を人口4万人につき1人配置することになっていました。


しかし、東京・目黒区の虐待事件をきっかけに3万人に1人に変更されたため、札幌市は12日の会見で、今後さらに26人増やす方針を示し、「4年間の猶予があるので、その間にゆるやかに(増やしていく)」(札幌市児童相談所・高橋誠所長)と語りました。



内訳は児童福祉司12人、里親制度の担当者など14人です。

48時間ルールを守っていない児童が4人いた事実

 

札幌児相では、虐待通告があり、児相が現在関わっている家庭を調査した結果、4件の違反があり、うち2件で保護者に連絡が取れていなかったことが判明。

その後連絡がとれたと報告がありました。

 

政府が児相に対し、虐待通告受理後、原則48時間以内に安全が確認できなかった場合、立ち入り調査することを求めている通称48時間ルール。

詩梨ちゃんの事件ではこのルールが守られていませんでした。

夜間でも対応できた「家庭支援センター」

 

詩梨ちゃんの通報があった当時に、児童相談所で対応した東課長は、警察の同行要請についても夜間対応の委託先である「札幌南子ども家庭支援センター」に連絡せず断っていたことが判明。


東課長は、警察から通報のあった日、この「家庭支援センター」に、調整をして時間をかけて行ってもらうということを思わなかったと謝罪。

自分の判断の甘さを反省していると述べました。

支援センターでは、「これまで児相からの依頼を断ったことはない。今回も依頼があれば何時であろうと必ず行っていた」と話しています。

 

「判断が甘かった」を繰り返す札幌児相。

普通にルールを守って仕事をしていればいいだけで、「判断」はあまり関係ないような気がします。

 

「判断」というより「めんどくさかった」と言ってくれた方がこちらもスッキリします。

道警を激怒させた「児相」の会見

 

最初の児相の会見では、「警察によって、安否確認ができたため、我々が油断し判断が鈍った」と釈明。

人手不足で、十分な体制がとれなかったとも説明。

 

それに激怒したのが道警です。

道警は「虐待を想定した強制的な立入検査」を主張し、それを児相が断ったことを新聞社にリーク。

児相と道警の意見が真っ向から対立することになりました。

 

高橋所長は、市の緊急対応課長、児相の相談判定課長などを歴任した児童福祉畑のプロ。

「批判は甘んじて受ける」と釈明に追われています。

藤原容疑者に前科あり

 

虐待はすべて池田容疑者がやったと警察で語っている藤原容疑者。

自分は虐待していないと供述している池田容疑者。

 

二人とも責任転嫁をしています。

 

参照:TBSニュース

 

池田容疑者は中学を卒業後、通信制の高校に進学。

通学している様子はなく、2016年12月3日の18歳の時に詩梨ちゃんを父親と別れてから出産。

この父親は売れっ子のホストだと証言している人もいます。

 

家族構成は母親と高校生の弟。

父親は内装業をしていたようですが、家をでていった模様。

 

実家のある東区から中央区のマンションに引っ越し夜の世界へ。

その後、男性5、6人と付き合ったとされています。

 

藤原容疑者には傷害の前科あり

 

藤原容疑者は2016年に室蘭から札幌に。

相席居酒屋を経営。

池田容疑者はいわゆる「スタイリッシュなワル」が好きで、藤原容疑者にハマったのでしょう。

 

藤原容疑者は金回りはよく、キャデラックに乗ってブランドものの服を着ていたとのことです。

ススキノでの評判は悪く、10代の子を最低賃金以下で働かせたり、辞めようとしたバイトの子を脅したりしていたようです。

 

室蘭にいたころは「集団リンチ事件」を起こし、傷害と青少年育成条例違反の前科があります。

そして周りには「子供が嫌いだ」と話していたとのことです。

 

詩梨ちゃんに証拠隠滅のために、3週間ご飯をやっていなかったの無理やりご飯を食べさせそれを詩梨ちゃんが吐いているのも発覚。

 

ネグレクトの母親、暴力的な男、無責任な児相が詩梨ちゃんが亡くなって罪をなすりつけあっています。

 

この人たちに本当に反省する日はくるのでしょうか。

 

【札幌2歳女児虐待死】新供述・虐待はすべて母親‼︎3週間食事与えず 【札幌2歳女児虐待死】警察が「臨検」提案も児相が拒否‼︎組織的問題 【札幌2歳女児虐待死】児相が虐待通告受理せず‼︎母親の顔の変遷の凄さ 【札幌2歳女児虐待死】「物音してから笑ってた」2人で虐待楽しむ? 【札幌女児虐待死】両容疑者の顔画像公表‼︎タバコの火を押しつける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です