【織田無道】末期ガンを告白‼︎通っている超能力セミナーがすごい⁉︎

要点をざっくり

  • 90年代に一世を風靡した『霊能者』織田無道(むどう)(66)が、ガンで余命が2年と宣告され、超能力セミナーに通っているとFRIDAYが報じています。
  • そのセミナーの講師こそ、超能力者『高山右近大夫長房』氏です。
  • 末期ガンも治せ、超能力者も作り出せるという、高山市とは何者でしょう。

10月に開かれた「超能力セミナー」

 

FRIDAYによると、10月20日夜6時、東京・品川区の会議室では、『日本沈没・最後の審判』と銘打たれた「超能力セミナー」が開かれたそうです。

 

そのセミナーの内容は、講師である、超能力者『高山右近大夫長房』氏が、「地球は滅亡が始まっています。2023年の8月には大地震が来る」というものだとか。

 

これは、ノストラダムスの大予言に似ているような気も。

 

高山市が予言について語ると、そこにいた50人ほどの参加者たちはうなずきながら聞き入っていたということです。

 

参照:FRIDAYデジタル

 

その参加者の中に、昔見たある人物が一生懸命に講義を聞き、メモをとっていました。

 

織田無道氏が参加者の中に

 

そのセミナーの参加者の中に、90年代に一世を風靡した、霊能者・織田無道(むどう)氏(66)がいたというのです。

 

織田氏は、02年に宗教法人の乗っ取りを図り虚偽の登記変更を行ったとして逮捕されて以来、メディアからは姿を消していました。

 

織田氏は、近年は住職をしながら、魚などの養殖ビジネスで生計を立てていたということです。

 

セミナー関係者によると、織田氏は現在、末期ガンで余命2年とのことです。

 

高山氏が多くの有名人の施術をした経験があり、自分のガンを治療するために高山市のセミナーに通っていると語ったそうです。

 

また、織田氏はサプライズとして、いきなりセミナーの途中で登壇し、往年のトーク力で会場をわかせたとも記事には書かれています。

 

参照:FRIDAYデジタル

 

織田氏のガンは、直腸、大腸、肺、胃と転移しているということですが、FRIDAYの写真では、まだ身体が「がっしり」していて、胃腸器系のガン患者特有の「痩せこける」という症状が出ていないように見えます。

 

この霊能力者・織田無道氏が尊敬してやまない高山市とは。

 

スポンサーリンク

「高山右近大夫長房」氏とは

 

高山市の「高山右近大夫長房オフィシャルブログ」のプロフィールによると

 

高山右近大夫長房(高山長房)
宇多天皇家35世代直系系子孫
高山右近大夫長房16世(テンプル騎士団継承者)
宇多天皇家旭日会 総裁
大正天皇家扶桑会 総裁
国際政治経済文化研究会 会長
国際科学技術研究所 顧問
日本名誉毀損防止同盟 会長
投資家。

参照:高山右近大夫長房オフィシャルブログ

 

著書多数

 

となっています。

 

また「超能力養成講座」も開催しており、世界初の「5次元空間」も創るとあります。

 

病気を治す機械なども開発し、販売もしているようです。

 

そして、講演には皇室関係者も講師として出席しているとあります。

 

何か、すごい人のようです。

 

地球を救うために、何人も超能力者を誕生させてくれてもいます。

 

織田無道は霊能力で自分のガンを治せない

 

FRIDAYの記者が、織田氏に禁断の質問である、「自分の霊能力で自分を治すことはできないのか」を織田氏に聞いています。

 

すると、織田氏はFRIDAYの記者に対して、

 

「他の人のは出来ます。でも、自分のを見るのはやっぱり嫌じゃないですか……」

 

と応えています。

 

もともと、霊能力は霊が見えたり、霊を通じて未来を予言したりするもので、ほとんどが「霊」に関係することなので、ガンを治すこと自体が的外れなような気がします。

 

それを、他人のガンは治せると言っているところが織田氏らしいです。

 

そのうち、このセミナーに通って、いつの間にかガンが消失していた・・・ということになるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です