【茨城女子大生殺人事件】新聞とテレビが報じられない「闇の真実」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


女子大生殺害の謎


昨年11月20日から行方不明になっていた東京都葛飾区の日本薬科大1年生・菊池捺未さん(当時18)の遺体が1月31日、茨城県神栖市の畑で見つかり、警視庁捜査1課は同日、元建設会社アルバイトの廣瀬晃一容疑者(35=神栖市)を死体遺棄の疑いで逮捕した事件。


この事件にはいくつかの謎が残されています。


菊池さんが、なぜ廣瀬容疑者にお金も持たずに会いに行ったのか?車の中での目隠しは合意?廣瀬容疑者の家に戻った理由?金銭トラブルとは?拡散の意味?など、謎の多い事件です


廣瀬容疑者に解放された後、自ら会いに行った菊池さん


菊池さんは、事件当日、午前中の授業を終え、JRを乗り継ぎ、綾瀬駅から鹿島神宮駅まで行き、駅前でタクシーを呼んで神栖市内のコンビニへと向かいます。


このコンビニは廣瀬容疑者の自宅から徒歩10分ほどのところにあり、午後6時過ぎに菊池さんは「目隠し」をされ、廣瀬容疑者の家に連れ込まれたと推測されています。


それも目隠しは「合意」のうえだったとされています。


そして、午後7時ごろ、菊池さんは廣瀬容疑者の家から数キロ離れた畑に一人で放置されますが、付近の住民に「目隠しをされてここまで来ました。(廣瀬容疑者の家を)記憶を頼りに捜しているのですが、道が分からなくなった」と話し、廣瀬容疑者の自宅の方向に歩いていったということが分かっています。


その際に、菊池さんが住民に助けを求めなかったため「目隠し」は合意の上で、自ら廣瀬容疑者の家に戻ろうとしていることから何かしらの用事があったとされています。


この時点で菊池さんは逃げようと思えば逃げれましたが、なぜ廣瀬容疑者の家に自ら再度向かったのかが「謎」でした。


週刊新潮が報じた「闇」とは


これまで、報道されてきたのは、「ゲームで知り合う」「金銭トラブル」「拡散」「菊池さんはお金を持っていなかった」です。


この言葉が出た頃から、マスコミはこれ以上菊池さんについて報じなくなりました。


菊池さんは当時18歳で未成年。


これらの「言葉」をつなぎ合わせると、出てくる答えは「廣瀬容疑者からお金をもらう予定だったのがもらえず、お金がないため自宅にも帰れず廣瀬容疑者の家にお金をもらいに戻ったがもらえなかったため、ネットに拡散すると騒いで殺害された」です。


デイリー新潮が、この内容を記事にしています。


廣瀬容疑者と菊池さんの間には、十数万円から30万円をもらう形での約束ができていて、それで片道の交通費しか持っていなかった。


ところが『約束』通り部屋で2人きりですごしたにもかかわらず、お金は受けとれなかったうえ、体よく畑でクルマから降ろされてしまったため、アパートへ戻りお金を要求したがお金でもめて、廣瀬容疑者の写真を撮ってSNSで拡散してやると騒いだため殺害された・・・と報じられています。


また、菊池さんの家庭はほぼ母子家庭で金銭的に苦しく、中学時代は不登校で通信制の高校を卒業。


一年目で単位がとれず留年が決まっており、自暴自棄気味だったようです。


これが事実なら、新聞は報道を自粛せざるをえないでしょう。


週刊新潮が報じたこのニュースは、被害者が未成年なだけに問題になりそうですが、辻褄はあっています。


確かにお金が絡まないと、あの落武者のような廣瀬容疑者に16歳も年下の女子大生が会うということはないと思います。


同じようにネットを使い、女子高生をだまして、みだらな行為に及んだ前歴のある廣瀬容疑者。


この事件は、被害者の「闇」でもあり、ネット社会の「闇」でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です