【西村大樹】警察官の女性への卑劣な手口と顔画像が判明‼︎動機が非道い

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

警察官が女性に強制わいせつ


和歌山県警の警察官の男が女性にわいせつな行為をした疑いで逮捕された事件で、男が女性を自宅に連れ込んだ後すぐに犯行に及んだことがわかりました。


2日送検された和歌山東警察署留置管理課の巡査長・西村大樹容疑者(27)は2月28日夜、自宅で、20代の女性の胸を触るなどわいせつな行為を行いました。


参照:関西テレビ



女性が近くの住宅に逃げこみ、助けを求めて110番通報したことで事件が発覚しました。


アプリで知り合い自宅ですぐに犯行


西村容疑者はスマートフォンのアプリを通じて女性と知り合い、2月28日初めて会っていて、自宅に連れ込んだ後すぐに女性の服の中に手を入れて犯行に及んだということです。


西村容疑者は調べに対し、「性欲を満たすため無理に胸を触った」と容疑を認めています。


あまりに、短絡的な理由に驚きを隠せません。


そして、分かりやすい「強制わいせつ」行為です。


この女性が逃げることができて、本当によかったです。


あまりにひどい犯行動機と手口。


他にも余罪がないか、警察では調べています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です