【長谷川匡】妻をボコ殴り‼︎長与千種の指を折った男の正体⁉︎

この記事をざっくりいうと

  • 元女子プロレスラーの長与千種(53)が、札幌で女性を助けた際に男に指を折られた
  • 男は、長谷川匡容疑者(27)
  • プロとして、一切反撃しなかった長与千種に称賛の声が上がっている

長与千種に暴行を加えた男が逮捕

 

19日未明、札幌市の繁華街で女子プロレスラーの長与千種さんに髪の毛をつかむなどの暴行を加えたとして、飲食店を経営する20代の男が逮捕されました。

 

参照:FNNニュース

 

プロレスの興行の打ち上げ後、北海道札幌市のススキノの街を歩いていた長与千種さん(53)。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

皆様へ この度は ご心配をおかけしました事 大変 申し訳ございませんでした。 また改めてまして 皆さんに ご報告致します 皆さまへ 長与千種

Chigusa Nagayo長与千種さん(@chigusanagayo)がシェアした投稿 –

 

すると、立体駐車場の『ジャンボ1000』の3階から「助けて」という女性の声を耳にしました。

 

参照:駐車場ジャンボ1000HP

 

住所:札幌市中央区南4条西6丁目1

 

 

長与さんたちは、最初はじゃれあっているのかなと思いましたが、「助けてください」「もうやめてよ」という、聞いたことがないような悲鳴だったとのことです。

 

「警察を呼んでください」と言われたので呼びましたが、タイムラグがあるだろうし、もしレイプされていたり、暴力を受けていたらやばい、と思って、全力で階段を駆け上りました。

 

すると男が女性に乗っかっていて、足と首を取っているような状態だったとのことです。

 

男が女性に暴行

 

女性は引きずり回され、素足で、膝には擦過傷があって、バッグなども散らばっていました。

 

先に着いた若い子は唖然としてたし、現役の選手に行かせるわけにもいかないし、とりあえず一番身体の大きい私が行っとくかなっていうことで長与さんが男女の間に割って入ったとのことです。

 

男性は「いやいや、大丈夫だから」といい、女性の上から動こうとしなかったため、長与さんが何度もケンカを止めるように説得していると、ようやく男性は「分かったから」と言って女性から離れました。

 

男に対し「女の子に何やってるの!離れて!」と注意し、女性を引き起こした長与さん

 

「やっていいことと悪いことがあるでしょう、もうしないって約束する?」と男を叱り飛ばし、女性を解放した瞬間、男が長与さんの頭に掴みかかってきたということです。

 

スポンサーリンク

男に指を折られる

 

髪がブチブチ抜ける音がして、自分の顔が床に着いちゃう、危ない、でも何もできないし、と思って。手を解かないといけないので「やめてよ」って言った途端に右手を持って行かれたとのことです。

 

参照:HTBニュース

 

小指の骨に違和感があって「ああやったな」って思ったそうです。

 

普通だったらそこで腕を極めますが、その瞬間に技になってしまいます。

 

仕事柄、絶対に手は出せないので、防御だけ。

 

長与さんが、プロレスをやっててよかったなって思うのは、相手を傷付けてしまうとその人と同じになってしまうので、自分の方が傷ついて良かったのかなって思うことだそうです。

 

「プロレスラーだから気持ちを止められた」とも語っています。

 

警察の調べによると、男性と女性は夫婦とのこと。

 

また、男性は酒に酔っていたということです。

 

暴行男の正体

 

暴行の疑いで逮捕されたのは、北海道滝川市緑町1、飲食店経営の長谷川匡容疑者(27)です。

 

経営しているバーは、『BAR PLAT』と特定されています。

 

日曜日は店の定休日のようなので、奥さんとススキノに飲みにでもきていたのでしょう。

 

BAR  PLAT

 

住所:滝川市本町1丁目2−26

 

午後9時前に、店に電話をしましたがやはり誰も電話に出ません。

 

グーグルのクチコミには、すでに書き込みもあります。

 

参照:インスタグラム

 

しかし、この長与さんとの戦い方は、まさしく喧嘩殺法です。

 

髪を掴んで、小指を折ったというのは、喧嘩で鍛えたのか、偶然なのか。

 

このやり方が偶然ではないとしたら、かなりの喧嘩慣れした人間です。

 

反撃をしなかった長与さん

 

格闘家として、いろいろな技術を持つ長与さんですが、男性から暴行を受けても『攻撃』することなく、ひたすら『防御』に徹しました。

 

自分の力の強さを十分に分かっている上に、格闘家としてのプライドを守るため、攻勢に出なかったと語っています。

 

私が知っている長与千種さんは、キックで相手を倒すスタイルの選手でした。

 

長与さんは身長は165センチとそれほど高くはないですが、おそらく体重は80キロを超えていると思われます。

 

格闘技は体重のスポーツです。

 

相手の男は、おそらく70キロあるかないかに見えますから、蹴りや膝蹴り、関節技を使えば簡単に倒せる相手であり、自分が怪我をすることはなかったでしょう。

 

小指を骨折しても、被害届を出さず、二人が仲直りしてくれたらOKという長与さんの男意気?にただただ脱帽です。

2 Comments

gbh06101

格闘家が何かやると、過剰防衛になる可能性があるので、手を出さないのが一番です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です