【顔写真判明】飲酒運転の教頭はアル中?普段から酒臭いと注意される

普段から酒臭かった教頭

 

札幌市西区で25日朝、中学校の57歳の教頭が酒気帯び運転の疑いで逮捕された事件で、新たな事実が判明しました。

 

逮捕された教頭は「普段から学校でも酒臭く、周囲から注意を受けていた」ということです。

 

参照:HBCニュース

 

札幌市立新川西中学校の教頭・比留間賢司容疑者は、25日午前6時前、出勤途中に札幌市西区八軒の新川通で信号待ちのタクシーに追突しました。

 

タクシーの運転手に、けがはなかったとのことです。

 

警察が調べたところ、比留間容疑者からは基準値の2倍以上のアルコールが検出されたため、その場で逮捕されました。

 

比留間容疑者は警察の調べに対し「きのうの午後9時までに自宅で焼酎のロック2杯と350ミリリットルの缶ビールを飲んだ」「運転しても大丈夫だと思った」となどと話しているということです。

 

比留間容疑者は、教頭でありながら、酒に酔った状態で仕事をしていたようです。

 

注意してもなおらないということは、アル中でしょうか。

 

この日は勤務する中学校の終業式の日でした。

 

比留間容疑者は、おそらくこのまま冬休みに入り、学校に戻ることはないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です