【29歳義父】2歳の娘を性的暴行のうえ殺害か‼︎顔写真とSNS公開

29歳の義父が娘に性的暴行のうえ殺害か

 

大阪市内で2017年12月、当時2歳の女の子が死亡した事件で、殺人の疑いで逮捕された義理の父親が女の子に性的な暴行をした疑いがあることがわかりました。

 

大阪府警は27日、大阪府寝屋川市の電気工・今西貴大たかひろ容疑者(29)を殺人容疑で逮捕しました。

 

参照:ANNニュース

 

今西容疑者は、大阪市東淀川区の自宅で当時2歳4カ月の希愛(のあ)ちゃんの頭部に暴行を加え、殺害した疑いが持たれています。

 

参照:TAKAHIRO IMANISHIフェイスブック

 

さらに性的な暴行をした疑いも浮上しました。

 

今西容疑者は「何もやっていない」などと容疑を否認しています。

 

スポンサーリンク

「するわけないやろ」と語る今西容疑者

 

FNNニュースの取材に対して今西容疑者は

 

逮捕前の今西容疑者は2018年1月、「(虐待はしていない?)してへんわ。するわけないやろ。しとったら、ここにおらんわ。一緒に死んでるわ。しゃべるだけでも、ほんまに涙出んねん。悲しいねん、俺は」と話していました。

FNNニュースから引用

 

参照:FNNニュース

 

しかし、希愛ちゃんの右頬には殴られたようなあざがあり、司法解剖などの結果、性的な暴行を受けたことによる傷が見つかっていたことも新たにわかりました。

 

今西容疑者は、容疑を否認していますが、警察は、日常的な虐待がなかったか、厳しく追及する方針です。

 

妻の外出中に希愛ちゃんを殺害

 

今西容疑者は、逮捕前の府警の調べに対し「娘をあやそうと、抱いて一緒に転がっていたら急変した」などと話していたということです。

 

今西容疑者は昨年9月に妻(23)と結婚し、妻が前夫との間にもうけた希愛ちゃんを養子にしていました。

 

事件当日、今西容疑者は外出していた妻に希愛ちゃんの様子がおかしいと連絡し、自ら119番通報をして、希愛ちゃんは心肺停止の状態で病院に搬送されました。

 

その際に、右頬に殴られたようなあざがあったことから救急隊が府警に通報しました。

 

複数の医師の診断などから、今西容疑者の供述と希愛ちゃんの症状に矛盾があり、今西容疑者の暴行が原因で死亡した疑いが強まり今回の逮捕になりました。

 

参照:FNNニュース

 

マスコミは、以前から今西容疑者をマークしており、インタビューや動画を撮影していたようです。

 

今西容疑者のフェイスブックには、仲の良い家族の写真が載っています。

 

シャネル自慢か車自慢か?

参照:IMANISH TAKAHIRO フェイスブック

 

このチャラい養父が、2歳の養女に性的暴行を加え、さらに抵抗され殺害したとしたら、鬼畜にも劣る所業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です