サントス・ロビー(27)が元上司の坂野旭さん(34)を殺人未遂。100万円の借金返済をめぐるトラブルか

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

愛知県で工務店の役員の男性が、元部下のフィリピン人の男に殴られ意識不明の重体になった事件。

 

原因はどうやら借金によるトラブルだったようです。

 

元従業員のフィリピン人が殺人未遂

 

愛知県で坂野旭(ばんのあきら)さんが何者かに頭を殴られ重傷を負った事件。

 

犯人は元従業員のフィリピン人の男でした。

 

愛知県大府市長草町の自営業坂野一茂さん(63)方で2日夜、長男の会社役員旭さん(34)が男に頭を殴られ重体となった事件で、県警は3日、強盗殺人未遂容疑で、フィリピン国籍で同県西尾市の作業員サントス・ロビー容疑者(27)を逮捕した。県警は同日、東海署に捜査本部を設置し、40人態勢で捜査を始めた。

捜査本部によると、サントス容疑者は旭さんが取締役を務める工務店の元従業員。動機は旭さんの借金返済の追及を免れるためとみられ、「新型コロナウイルスの関係で、仕事が少なくなって困っていた」という趣旨の供述をしている。

逮捕容疑では、2日午後9時ごろから同20分ごろまでの間、坂野さん方で、ハンマーのようなもので旭さんの頭を殴るなどし、左大脳脳挫傷などのけがを負わせたとされる。捜査本部によると、ハンマーで殴ったことは認めているが、殺意は否認している。

中日新聞から引用

 

坂野さんは意識不明の重体です。

 

現場にあった携帯電話の解析や借用書からがサントス・ロビー容疑者が浮上し、警察で任意で事情を聴いていたところ犯行を認めました。

 

坂野さんの母親も突き落とす

 

旭さんが住んでいた現場の離れの2階を事件当時訪れた旭さんの母親もサントス容疑者と鉢合わせになり、階段の下に突き落とされけがをしました。

 

命に別状はないとのことです。

 

借金は約100万円

 

現場からみつかったサントス容疑者が金を借りた際の借用書の金額はおよそ100万円でした。

 

 

この借用書は去年契約され、返済期限はまだ迎えていないということです。

 

警察はコロナの影響で仕事が少なくなった上、借金をめぐりトラブルになり、犯行に及んだとみて捜査しています。

 

事件のあった場所

 

事件のあった坂野さんの自宅住所は「愛知県大府市長草町」。

 

参照:NNNニュース

 

 

サントス容疑者は坂野さんを殺害し借金を踏み倒す気だったか

 

いまは建設業界もコロナの影響で仕事が減り、どこも困っています。

 

坂野さんもサントス容疑者に借金を返して欲しいといったのかもしれません。

 

 

しかし、サントス容疑者もお金がなくトラブルに・・・。

 

サントス容疑者は坂野さんを殺害する気はなかったと語っていますが、実際は殺害し借金を踏み倒そうとしたと思われます。

 

新型コロナは身体だけでなく、人の気持ちも荒ませるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です