スタンガン強盗。佐伯彰宏の動機は?1日に2つの犯行‼︎富良野・旭川

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

富良野市と旭川市でスタンガン強盗

 

富良野市で女性にスタンガンを押し当て現金を奪おうとし、旭川市新富1条3丁目の無職・佐伯彰宏容疑者(41)が、強盗傷害の疑いで逮捕されました。

 

参照:HTBニュース


佐伯容疑者は、今年5月26日、富良野のパチンコ店の駐車場で、65歳の女性にスタンガンを押し当て、現金を奪おうとしました。


女性は腰に全治1週間のけがをしています。


警察の調べに対して佐伯容疑者は「金が欲しかった」と容疑を認めています。

佐伯容疑者は女子高生にもスタンガンを

 

佐伯容疑者は、旭川市で15歳の高校生をスタンガンで脅して金を奪おうとして、逮捕されています。

 

佐伯容疑者は、5月26日午後、旭川市永山10条3丁目の路上で、15歳の女子高校生に後ろから近づき、スタンガンを突き付けて金を奪い取ろうとしました。

この時、高校生は逃げて無事でした。

佐伯容疑者の犯行は計画的

 

5月26日に2つの事件を起こした佐伯容疑者。

警察では、女子高生への強盗未遂で逮捕しましたが、余罪として富良野市での強盗傷害が新たに判明しました。

 

旭川と富良野は車で1時間ほど。

パチンコ店の駐車場での犯罪ということは、いつもパチンコをしていて地理に詳しいものと思われます。

 

旭川からワザワザ富良野市まで行き犯行に及ぶとは、もともと計画な犯行だと思われます。

無職でお金がなくなり、スタンガンを購入してまでお金が欲しかった佐伯容疑者。

 

それだけ力があるのなら、働けると思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です