三浦修三(65)が札幌東西線で痴漢行為。10代の女子学生が腕をつかみ西11丁目駅でおろし逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

札幌の地下鉄東西線で65歳の男が痴漢で逮捕されました。

 

勇敢にも女子学生が男の腕をつかみ、電車の外におろしたということです。

 

65歳の男が痴漢行為で逮捕

 

札幌市営地下鉄東西線の車両の中で10代の女子学生の下半身を触ったとして、65歳の男が逮捕されました。

 

強制わいせつの現行犯で逮捕されたのは、札幌市中央区に住む嘱託職員・三浦修三容疑者。

 

三浦容疑者は9日午前8時ごろ、地下鉄東西線の走行中の車両内で10代の女子学生の下半身を手で触りました。

 

西11丁目駅でおろして通報

 

三浦容疑者の痴漢行為に気が付いた女子学生が三浦容疑者の腕をつかみ西11丁目の駅でおろし、駅員が警察に通報しました。

 

警察によりますと、列車内は通勤通学時間帯で込み合っていたほか、三浦容疑者も仕事に向かう途中でした。

 

 

調べに対し三浦容疑者は「やったことに間違いない」と容疑を認めています。

 

朝8時の東西線は通勤ラッシュ

 

朝の8時前後の東西線は通勤ラッシュで立っているのが精一杯です。

 

この時間帯を狙っての痴漢が後を断ちません。

 

私はこの時間帯を避けて地下鉄に乗っていますが、どうしても乗らなければならない時は痴漢に間違われないように両手を上げています。

 

SNSも顔画像もいまのところなし

 

65歳の三浦容疑者のSNSが見つかりません。

 

年齢的にいっても当然かと思います。

 

送検されれば顔画像が出るでしょうが、今のところそこまでいっていません。

 

警察では余罪を調べるとしているので、検察庁に送られるのも近いと思われます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です