住吉会系三次団体「加藤連合会」林田大輔の顔画像。違法カジノで客の小指を切り落とし逃走。時効1ヶ月前に逮捕の裏側

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

違法カジノで因縁をつけられ、小指を切り落とし逃走していた暴力団員の男が逮捕されました。

 

なんと、時効1ヶ月前の逮捕です。

 

時効1ヶ月前に逮捕

 

違法なインターネットカジノを巡って金銭トラブルになった客の男性を監禁したとして、暴力団幹部の男が逮捕された事件。

 

 指定暴力団住吉会系の幹部・林田大輔容疑者(48)は2015年4月、違法に運営されていたインターネットカジノ店の客の男性を仲間の男らと車に押し込んで監禁した疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性は当時、カジノ店で100万円負けて店に返金を求めたことから、店の関係者だった林田容疑者らとトラブルになっていました。男性は東京・上野の路上で暴行を受けた後に監禁され、移動中の車の中で小指を切り落とされたということです。事件後に林田容疑者は逃走していましたが、時効まで1カ月と迫った先週に潜伏先で確保されました。

ANNニュースから引用

 

時効1ヶ月前の逮捕です。

 

林田大輔容疑者の顔画像

 

林田大輔容疑者の顔画像はテレビで公開されています。

 

参照:ANNニュース

 

いかにもという感じですが、新型コロナ対策か顔を隠す目的かマスクをしています。

 

住吉会系三次団体「加藤連合会」の幹部

 

林田容疑者は、住吉会の三次団体である「加藤連合会」の元?幹部です。

 

現在は逃走中であるため、加藤連合会の役職からは外されているようです。

 

あと1ヶ月したら、現役に復帰していたところです。

 

暴力団員に因縁つけても小指を切り落とされる?

 

違法のインターネットカジノ店で100万円負けて、暴力団員に因縁をつける方も方ですが、何も今時小指を落さなくてもと思います。

 

 

時効1ヶ月前の逮捕というのもドラマチックではありますが、現役に復帰してもらいたくない誰かが警察に居場所を密告したとも思われます。

 

しかし、逮捕されてよかったですが、小指がそのあとくっついたのかどうかが気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です