函館のラルズ駐車場で大学生を刺した野上敬悟(崔成準)が逮捕。自宅アパートには血のついた包丁が。刑事責任が問えない可能性も。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

函館のスーパーの駐車場で男性を刃物で刺した男が逮捕

 

北海道函館市で8月4日、男性が刃物で刺され、野上敬悟こと韓国籍の崔成準容疑者(38)が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 

参照:UHBニュース

北海道函館市で8月4日、男性が刃物で刺され38歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕された事件で、男の自宅からは血のようなものがついた包丁が見つかっていたことがわかりました。

 目撃した近所の住民:「被害者が座り込んでいた。周りを警察が囲んでいた」

 逮捕された函館市の無職、野上敬悟こと韓国籍の崔成準容疑者(38)は、4日午後4時ごろ、函館市田家町のスーパーの駐車場で21歳の男性の腰を包丁で刺し殺害しようとした疑いが持たれています。

 男性は全治10日間のケガをしましたが、命に別条はないということです。

 警察によりますと野上容疑者の自宅アパートの台所からは、乾いた血のようなものがついた包丁が見つかっていたことがわかりました。

 男性は野上容疑者と面識がないと話していて、警察は動機などを詳しく調べています。

UHBニュースから引用

 

野上容疑者は何を話しているか分からないとの情報もあります。

 

また、警察は、無差別に人を襲った可能性もあるとみて、犯行の動機を調べています。

 

無差別殺人か「無敵のひと」か

 

今回の事件では、野上容疑者の自宅アパートの台所から血のついた包丁が発見されています。

 

無差別殺人かそれともコロナで世を儚んだ無職の「無敵のひと」か。

 

しかし単なる無差別殺人とも思えません。

 

精神的におかしくなったか違法薬物使用か

 

野上容疑者は38歳で無職です。

 

国籍も韓国です。

 

台所から包丁を持ち出し誰かを殺害にいくということは、幻覚を見ている可能性があります。

 

違法薬物は自宅アパートにはなかったのでしょうか。

 

違法薬物を使用しての犯罪とも考えられます。

 

刑事責任が問えず不起訴で、すぐ自宅に戻るようなことがなければいいのですが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です