北海道の休業していたはずだったパチンコ店が7日から24店も営業再開。鈴木知事が施設名公表か。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

北海道知事の、今月15日までの営業自粛の要請に応じず、24店のパチンコ店が営業を再開していたことが分かりました。

 

北海道でコロナ感染が止まらないいま、クラスターが発生する可能性のあるパチンコ店の営業は非常に危険です。

 

北海道のパチンコ店が営業再開

 

新型コロナの影響で休業要請に応じていたパチンコ店が、7日、24店も営業を再開していたことが分かりました。

 

参照:UHBニュース

 

鈴木知事は、15日までの営業自粛を呼びかけており、今後営業しているパチンコ店に警察からの応援を依頼し、店名公開が可能な休業要請をしていくと話しました。

 

インターネットで「現在営業中」のパチンコ店が

 

インターネットでパチンコ店を検索すると「現在営業中」となっている店舗があります。

 

 

また、本日の営業時間が記載されているところもあります。

 

 

これらのパチンコ店が営業を始めたとなると、クラスターがまた発生する可能性があります。

 

7日北海道の感染者は14人

 

道内では7日、新たに14人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

 

そのうち札幌は9人。

 

札幌の約7倍の人口のいる東京都は感染者が23人ですから、人口当たりの感染者は日本でダントツです。

 

パチンコばかりがなぜ悪いというが

 

パチンコ店側では、なぜパチンコ店ばかりが目の敵にされるのかと言っていますが、3密のさいたるところだからです。

 

 

いま、北海道でクラスターがでたらもう終わりです。

 

店名を公表してでも、15日までは営業を自粛させるべきだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です