吉村洋文大阪府知事が発表した『大阪モデル』とは。「一言で言えばこういうこと」とツイート

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

参照:TBSニュース

吉村大阪府知事がコロナ対策の「大阪モデル」を公表

 

大阪府の吉村知事が新型コロナの「大阪モデル」を発表し、ツイートもしています。

 

 

 

大阪モデルとは

 

 

大阪モデルとは

 

・感染経路不明の人数  10名未満

・PCR検査の陽性率   7%未満

・重症患者用の病床使用率  60%未満

 

5月15日までにすべての基準を7日連続で達成できていれば、段階的に自粛を解除する。

 

というものです。

 

具体的な数字があると先が見える

 

漠然と陽性患者数が0が続けば・・・というよりも、細かい目標があったほうがその目標を達成しようとする意欲がでてきます。

 

これは会社の業績目標でも同じで、「とにかく頑張る」というよりも2〜3項目くらいを具体的な数字を出して目標を決めたほうが、全体の目標を達成しやすいと言われています。

 

吉村知事は、いままでそうやって自分で立てた目標を達成してきたのでしょう。

 

各都道府県も見習うべき

 

各都道府県知事は、新型コロナの感染者を出さなければいいと単純に思っている節があります。

 

しかし、ただ感染者0を目指しても経済活動とのバランスはとれません。

 

ある程度の感染者が出るのは仕方ないと割り切って、このように具体的な数字でどこまで耐えられるのかを目標設定したほうが現実的だと思います。

 

他の知事も見習って欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です