大阪府警の大麻警官「蔵川涼太」は元ヤン。逮捕の決め手になった上司の鋭い勘とは。「元ヤンの警察官」はやはりいた

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

大阪府警の巡査が大麻で逮捕

 

大阪府警の巡査・蔵川涼太が大麻取締法違反で逮捕された事件。

 

 

他にも警察の同僚3人の使用も確認されました。

 

大阪府警堺署地域課の巡査が大麻を隠し持っていたとして逮捕された事件があり、府警が巡査の交友関係などを調べた結果、警察学校の同期生ら20~22歳の男性巡査3人も大麻の使用を認めたことが、府警への取材でわかった。府警は4人を懲戒処分にする方針で、警察内部で大麻が広がった経緯を調べる。


 府警によると、同署の巡査蔵川涼太被告(22)は、同府岸和田市の自宅で5月下旬、ポリ袋に入れた大麻0・16グラムを所持していたとして、大麻取締法違反(所持)容疑で今月4日に逮捕、15日に起訴された。調べに対し、「今年に入り、吸ったことがある」などと供述していた。

 捜査の過程で蔵川被告と、警察学校の同期生ら3人との関係が浮上。府警が調べたところ、いずれも大麻を最近使ったことを認めたという。3人の自宅などからは大麻は見つかっておらず、府警は、3人が蔵川被告が所持していた大麻を使ったとみて、同法違反(譲り受け等)容疑で捜査している。

 蔵川被告は2018年採用で、19年から堺署に赴任し、交番で勤務していた。

読売新聞から引用

 

蔵川被告が逮捕された経緯が週刊朝日の取材で判明しました。

 

蔵川被告の逮捕の経緯

 

蔵川容疑者は2018年採用で、堺署の交番勤務。

 

逮捕のきっかけの「スマホ」と「大麻草」というのが前から気になっていました。

 

これは、5月下旬に「蔵川被告が、署内で保険の勧誘をしている」と上司が聞き、蔵川被告のスマホを調べたことで発覚したようです。

 

上司は蔵川被告に「保険勧誘」について事情を聞き、その時にスマホの提出を求めます。

 

このスマホには特段問題がなかったものの、その時に小袋に入った小さな植物のタネのようなものがあったということです。

 

この植物のタネが今回の逮捕のきっかけです。

 

気になった上司が蔵川被告を問い詰めると、大麻の所有と使用を認めたということです。

 

さすが警察官というところでしょうか。

 

蔵川被告は元ヤン

 

蔵川被告の同僚は週刊朝日の取材に対して

 

「仕事はごく普通にやっていた。制服を脱ぐとヤンキーというか軽い感じがする男だ。どうも地元の岸和田では派手に遊んでいて、その交友関係から大麻を譲り受けたとの話が流れている。蔵川被告は、興味本位で大麻を吸うようになり、おもしろ半分で、同期生に勧めるようになったと聞いている」

週刊朝日から引用

 

 

大麻の入手ルートも昔の友人だとしたら元ヤン決定です。

 

「警察官に元ヤンがいる」と昔から都市伝説のように言われていますが本当にいるようです。

 

蔵川被告のFacebook

 

同姓同名で岸和田に住んでいる男性のFacebookがあります。

 

誰もこのFacebookが蔵川被告のものだと断定していません。

 

蔵川被告の顔画像がニュースで流れれば本人のものかどうか分かります、

 

この元ヤンの警察官からもらった大麻を使った3人の警察官もおそらく懲戒免職でしょう。

 

警察官を採用する際には、蔵川被告の上司のように人を見抜く目を持って欲しいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です