【大島産業敗訴】壮絶パワハラ‼︎丸刈、パンイチ、車用ブラシに土下座⁉︎

f:id:gbh06101:20180914191852p:plain

  • 福岡県の男性が、勤務していた運送会社で頭を丸刈りにされ、その様子をブログで公開されるパワハラを受けたなどとして、慰謝料など、1100万円を求めていた訴訟。
  • 14日、福岡地裁は判決の中で、労働基準法違反の「付加金」を含む1500万円の支払いを命じました。
  • この運送会社の名前は(株)大島産業です。

運送会社の元社員への非道なパワハラ

 

今回パワハラで裁判を起こした男性は、2012年からおよそ2年間、長距離トラックの運転手としてこの運送会社で働き、運送先から戻る途中、温泉に入ったことを理由に、経営者の男性から、頭を丸刈りにされるなどのパワハラを受けたとして、慰謝料などおよそ1,100万円の支払いを求め「提訴」しました。

 

FNNがこの悪虐非道なパワハラの証拠写真を入手しました。

 

運送先から戻る途中、温泉に入ったことを理由にバリカンでカッパ頭に。

 

f:id:gbh06101:20180914192529p:plain

参照:FNNプライムニュース

 

そして、車用洗剤とブラシで頭を洗います。

 

頭皮に直接「車用洗剤」をつけたら、皮膚がかぶれる心配もあります。

 

f:id:gbh06101:20180914192558p:plain

参照:FNNプライムニュース

 

そして、パンツ一丁にして高圧洗浄機で水をかけ、ブラシで身体を執拗に洗います。

 

f:id:gbh06101:20180914192635p:plain

 

f:id:gbh06101:20180914192804p:plain

参照:FNNプライムニュース

 

さらには、お尻を出せさて、水で洗います。

 

お尻を出させたのは、さらに恥ずかしい思いをさせるためでしょう。

 

f:id:gbh06101:20180914192742p:plain参照:FNNプライムニュース

 *ブログにモザイクはありません。

 

そして、会社の入り口の前で土下座です。

 

もう一人のスキンヘッドが誰なのかは不明です。

 

これらの「パワハラ」は、この会社では常態化しており、当事者にとってみれば「パワハラ」ではなく「いたずら」のレベルなのかもしれません。

 

f:id:gbh06101:20180914192813p:plain

参照:FNNプライムニュース

 

この「入り口」を、グーグルマップで検索すると・・・

 

f:id:gbh06101:20180914211029p:plain

参照:グーグルマップ (株)大島産業

 

「株式会社 大島産業」という運送会社の入り口と画像が合致します。

 

これら一連の画像を、この男性が勤務していた会社の社長が、ブログに掲載しました。

 

これ以外にもあった壮絶なパワハラ

 

これ以外にも、この元男性従業員は、川に入るよう命じられ、打ち上げ花火や石で狙われたとのことです。

 

また男性が寮から逃げたところ、給与が振り込まれなかったため、所持金が底をついて戻ると、土下座させられたということです。

 

そして、これらの様子はこの会社の社長の趣味である「会社のブログ」に掲載されました。

 

この会社の名前は、前述した(株)大島産業です。

 

住所は、福岡県宗像市冨地原1791-1

 

f:id:gbh06101:20180914200453p:plain

f:id:gbh06101:20180914200553p:plain

参照:(株)大島産業HP

 

会社のモットーは「ガンバル!!」

 

f:id:gbh06101:20180914220154p:plain

参照:(株)大島産業ユーチューブ チバテレビ放送

 

大島社長は「社員は子供」と語っており、会社内では「ムードメーカー」でもあるそうです。

 

ということは、本人的には社員に対する「パワハラ」ではなく、「児童虐待」なのかもしれません。

 

裁判の中で、会社側は

 

男性の頭部が皮膚病になったために刈ってあげた」

 

「川に入るように命じていないし、土下座は自ら行った」

 

などとパワハラを否定していて、両者の主張は対立していました。

 

普通「皮膚病」になったら、戦時中ではないので病院に行くと思うのですが。

 

これが「嘘」なら、偽証罪になります。

 

スポンサーリンク

元従業員が完全勝訴

 

14日の13時10分に福岡地裁で判決が出て、この元男性従業員が完全勝訴しました。

 

この元男性従業員が求めた、慰謝料や未払い賃金など計約1100万円と、労働基準法違反の雇用主を制裁する「付加金」の支払いについて、福岡地裁の岡田健裁判長は原告の訴えを認め、計約1500万円の支払いを命じました。

 

 

私は、14日の夕方に福岡地裁の第5民事部に電話をかけて、『被告:(株)大島産業の判決』の内容を聞きましたが、それについては裁判所に裁判記録の閲覧申請をしてくださいとのことでした。

 

しかし、福岡地裁で、被告が確かに(株)大島産業であることは分かりました。

 

(株)大島産業にも電話して、今回の裁判について聞きましたが、電話に出られた方が「自分たちはそういう立場にないので」ということで断られました。

 

そうしたところ、朝日新聞で裁判の結果が報じられていました。

 

これは判決なので、2週間以内なら控訴ができます。

 

元従業員が皮膚病にかかっていたことを立証して、会社側は控訴するのでしょうか。

 

大島社長のブログ 

 

(株)大島産業ではブログをかなり前から掲載しています。

 

ちなみにこの大島社長は、会社のHPをみるとかなり地元ではやり手でテレビにも出ています。

 

ブログ名は「大嶋靖朋のひとりごと」です。

 

f:id:gbh06101:20180914172451p:plain

参照:(株)大島産業ブログ 

 

すでにブログは削除されていますが、魚拓がとられていました。

 

この元従業員は、寮から逃げたことにより、寮長から格下げで「三等兵(新人より下・下足番)」になってしまいました。

 

この「下足番」というのは、元従業員に対する完全な「人権侵害」です。

 

これで(株)大嶋産業は「ブラックリスト」入り

 

判決で労働基準法違反が認められた以上、厚労省の「ブラックリスト」に(株)大島産業は少なくても1年は掲載されることになると思います。

 

そうなると、主要取引先である、佐川急便、ヤマト運輸、日本郵便、国土交通省、高速道路関係、宗像市は、取引を停止すると思われます。

 

取引を停止しなければ、同じ穴のムジナです。

 

f:id:gbh06101:20180914203710p:plain

参照:(株)大島産業HP  会社概要

 

大島社長も、趣味のブログが自分の「パワハラ」の証拠になるとは思いもしなかったでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です