安平・厚真行政事務組合の事務局長が「盗撮」で停職3ヶ月の懲戒処分。刑事告発も視野

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

安平・厚真行政事務組合の56歳の男性事務局長が盗撮で懲戒処分を受けました。

 

この事務局長は、元々は町の職員でした。

安平・厚真行政事務組合の56歳の男性事務局長が盗撮

 

56歳の安平・厚真行政事務組合の事務局長が盗撮で懲戒処分を受けました。

 

参照:HTBニュース

 

 懲戒処分を受けたのは安平町と厚真町のごみ処理施設の運営などを行う、安平・厚真行政事務組合の56歳の男性事務局長です。3月17日、安平町の事務所にある男女共用トイレに盗撮目的でカメラを設置したということです。安平町によりますと、女性職員が洗面台の下にカメラが落ちているのを見つけて盗撮が発覚し、町の聞き取りに対して「やりました」と盗撮を認めているということです。安平町は24日付けでこの事務局長を停職3か月の懲戒処分としました。

HTBニュースより引用

 

この56歳の事務局長は元同町職員で、町総務課は「刑事告発も視野に調査を継続したい」としています。

 

安平・厚真行政事務組合の場所

 

安平・厚真行政事務組:勇払郡安平町早来北進218-7

 

 

ゴミ処理をしているだけあって街から離れた山の奥にあります。

 

安平・厚真行政事務組合の事務局長はだれ

 

盗撮を行った、安平・厚真行政事務組合の事務局長の氏名はネットでは分かりませんでした。

 

おそらくこの組合は公務員の天下り先だと思われます。

 

その場合、名前などは個人情報としてガードしているのかもしれません。

 

しかし、盗撮で3ヶ月の懲戒処分は甘すぎるという印象です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です