家出少年に睡眠薬を飲ませわいせつ行為の男逮捕‼︎スマホで撮影し保管も

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

当時12歳の少年にみだらな行為


少年(当時12)にみだらな行為をしたなどとして、愛知県警は14日、同県阿久比町草木の無職、進藤日可瑠容疑者(31)を、強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の両容疑で逮捕しました。


進藤容疑者は「13歳未満とは知らなかった」などと容疑を一部否認しているということです。


少年が13歳未満なら「強制性行等罪」が成立するので、否定しているのでしょう。


少年に睡眠薬を飲ませる


警察によりますと、進藤容疑者は昨年3月12~19日、自宅で5回にわたり、少年に睡眠薬を飲ませた状態でみだらな行為をした上、その様子をスマートフォンで撮影しました。


かなりやばい人物です。


少年とは同年2月ごろ、ツイッターを通じて知り合い、家出先として自宅に泊めていたということです。


報道によりますと、進藤容疑者のスマートフォンからは児童ポルノとみられる複数の画像が見つかっています。


進藤容疑者は、以前家庭教師や学童保育の職員をしており、生徒らに同様の犯行をしていた可能性があるとみて警察が調べています。


家庭教師も学童保育も、自分の性癖を満たすためのものだったとは。


まだ、送検されていないため顔写真が特定できませんが、特定できたら掲載したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です