尼崎市立小学校教諭・伊藤優。「5年自然学校」で強制わいせつ‼︎ホラーすぎる所業

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

一生の思い出になるはずだった「林間学校」

 

そこで、教師が生徒にわいせつ行為を働きました。

 

耳を疑うような出来事です。

 

尼崎市立小学校教諭・伊藤優が逮捕

 

学校の宿泊行事で引率していた小学5年の女児4人にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警美方署は23日、同県尼崎市の公立小教諭伊藤優容疑者(32)を強制わいせつの疑いで逮捕しました。

 

「わいせつな行為をしたという事実に間違いない」と容疑を認めています。

 

逮捕容疑は18日午後10時ごろから19日午前6時半ごろまでの間、同県香美町の研修施設で、10歳の女児3人、11歳の女児1人にわいせつな行為をした疑いです

 

被害者への配慮から、署は行為の内容を明らかにしていません。

伊藤優の勤務先はおそらく金楽寺小学校

 

伊藤優の勤務している小学校は明らかにされていませんが(一部フェイクニュースあり)、金楽寺小学校だと思われます。

 

伊藤優という教師が金楽寺小学校に異動になっています。

 

 

また、金楽寺小学校では、16 日(月)~20 日(金)に『5年自然学校』として、昔でいう「林間学校」を行なっています。

 

13歳未満の児童へのわいせつ行為は「強制わいせつ罪」

 

13歳未満の子どもへのわいせつ行為は「強制わいせつ罪」になります。

 

どんなわいせつ行為であっても、伊藤容疑者には「強制わいせつ罪」が適用されます。

 

(強制わいせつ)

第百七十六条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

 

刑法では、懲役刑になります。

 

2段ベットの生徒の部屋に侵入

 

警察によると、事件当時は就寝時間で、2段ベッドが設置された収容人数10人の部屋に、女児8人が上下半数ずつに分かれて寝ていたということです。

 

被害にあった女児4人が19日、「わいせつ行為を受けたが、誰か分かりません」と同小の女性教諭に申告。

 

翌20日に学校が地元の駐在所に届け出ました。

 

ある女児は「怖くて目をつぶり、寝たふりをしていた」と話していたということです。

 

署が施設の防犯カメラ映像を調べたところ、この時間帯に女児8人の部屋に出入りしていたのは伊藤容疑者だけで他の教諭は映っていなかったことから、伊藤容疑者が特定されました。

 

伊藤容疑者の罪は重い

 

林間学校にいき、真っ暗な部屋で2段ベットで寝ているときに知らない大人が入ってきてわいせつな行為を行う。

 

まさしくホラーです。

 

女子生徒には「トラウマ」として残るでしょう。

 

小学校では、児童のケアをしっかりしてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です