弁護士「児玉淳」西宮市内で就寝中の男性のズボンや下着を切断。「オーシャンズ総合法律事務所」勤務か

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

住宅に忍び込み就寝中の男性にわいせつな行為をしたなどとして弁護士が逮捕されました。

 

この弁護士は鋭利な刃物で寝ている男性のズボンを切断したということです。

弁護士が住居侵入し男性にわいせつ行為

 

住宅に忍び込み就寝中の男性にわいせつな行為をしたなどとして、兵庫県警西宮署は23日までに、準強制わいせつや住居侵入などの疑いで、兵庫県西宮市山口町、兵庫県弁護士会所属の弁護士児玉淳容疑者(33)を逮捕しました。

 

児玉弁護士は「私がしたことに間違いない」と容疑を認めています。

 

男性のズボンを切断

 

逮捕、送検容疑は10日午前0時半~6時ごろ、県内の住宅に侵入し、就寝中の男性(39)の下着や、同居の男性(20)のズボンを切断したなどとしています。

 

鋭利な刃物を使ったとみられていますが、2人にけがはありませんでした。

 

39歳の男性が起床した際に気づき、110番通報しました。

 

西宮市内では6月以降、男性が被害に遭う類似の事件が数件起きているということで他にも余罪がある可能性があります。

 

しかし、ズボンを切られても分からないほど熟睡していられるものなのでしょうか。

 

児玉容疑者の勤務先

 

兵庫県弁護士会には「児玉淳」という弁護士は一人しかいません。


児玉淳 『弁護士法人オーシャンズ総合法律事務所』

神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21ビル西館11階

 

おそらくこの人物だと思われます。

 

それと、現在オーシャンズ総合法律事務所のHPは「Not Found」です。

 

児玉容疑者の詳しい経歴等は、ネットの情報を消しているせいか不明です。

 

結局何をしたかったのか

 

児玉容疑者は、男性のズボンを切って何がしたかったのでしょう。

 

もし、男性が好きで男性の〇〇が見たいのなら銭湯にでも行った方が早いのではないかと思います。

 

もしかしたら、そのスリルを楽しんでいたのかもしれませんがリスクが大きすぎました。

 

さすがに余罪もあれば、起訴され有罪となり弁護士資格は剥奪されるでしょう。

 

休み明けにでも、兵庫県弁護士会のHPに謝罪文が掲載されるものと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です