札幌の62歳の無職の男がタクシーで岩見沢まで「無賃乗車」で往復し逮捕。この男の身勝手な理由とは

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

札幌市の62歳の無職の男が無賃乗車の詐欺容疑で逮捕されました。

 

この男は岩見沢まで約50キロの道のりをタクシーで往復し、乗車賃約36,000円を踏み倒しました。

 

無賃乗車の62歳の男が逮捕

 

札幌で62歳の無職の男が無賃乗車で逮捕されました。

 

支払いの意思や能力がないにもかかわらず、タクシーに乗車し料金約3万6千円をだましとったとして、札幌市東区に住む無職の男(62)が詐欺の疑いで逮捕された。警察によると男は9日、札幌市東区の地下鉄栄町駅付近から「知り合いの理髪店に行く」といってタクシーに乗車し岩見沢市まで移動。理髪店に立ち寄ったあと、再び同じタクシーで札幌市の自宅付近まで移動したという。男は、理髪で髪を切ってもらったが、逮捕されたとき現金は持っていなかったという。調べに対し男は「お金がないのは分かっていたが乗った」と容疑を認めている

STVニュースから

 

この男、そこまでして知り合いの床屋にいきたかったのでしょうか。

 

床屋代よりも、タクシー代の方が高くつきます。

 

岩見沢までは50キロ車で1時間の距離

 

札幌市から岩見沢市までは約50キロ、車で1時間の距離があります。

 

 

当然、JRも通っておりどうしてもいきたければ電車を使うこともできます。

 

逮捕当時に所持金なし

 

この男は逮捕時所持金を持っていませんでした。

 

警察の調べに対し「どうしても知り合いの所に行きたかった。金がないのは分かっていたが乗った」などと話しているということです。

 

お金をまったく持っていないのに床屋代は支払えたのでしょうか。

 

 

普通の床屋なら4千円近くします。

 

また「無敵の人」の犯行か

 

62歳で無職、さらにお金がないとすると、生活保護の可能性が高いです。

 

おそらく、この男はお金がないことをいいことに?行った計画的な犯行でしょう。

 

この男は今後、生活保護課か家族が乗車賃を支払って不起訴になると思われます。

 

タクシー運転手はコロナ不況のなか、何時間も無料で働かされ、警察で事情聴取を受け時間をとられ物凄い迷惑を被ります。

 

こういう輩は実名で報道すべきだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です