池田勝丸・帯広署巡査部長。他人名義のカード情報でネットで品物を買い転売。「知能犯係」で手口を知ったか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

帯広警察署の巡査部長が「カード詐欺」で逮捕されました。

 

他人名義のクレジットカード情報でネットでイヤホンなどを買い転売していました。

 

逮捕された「池田勝丸」巡査部長

 

前回記事にした帯広市の巡査部長が逮捕されました。

 

兵庫県警は5日、他人名義のクレジットカード情報を使ってインターネットでイヤホンを買ったとして、電子計算機使用詐欺の疑いで北海道警帯広署の巡査部長池田勝丸容疑者(34)を逮捕したと発表しました。

 

他人名義のクレジットカードを不正入手

 


兵庫県警によりますと、池田巡査部長は去年8月ごろ、インターネットで不正に入手した他人名義のクレジットカードをもとに通販サイトで1万8000円余りする高性能のイヤホンを購入しました。


クレジットカードを入手したあと、その情報をもとにプリペイド式カードのサービスに加入し、他人になりすまして通販サイトでイヤホンを購入し、フリーマーケットアプリで転売し、1万5000円ほどを入手していたということです。

 

池田容疑者は容疑認めています。

 

帯広署で「知能犯」係を担当



池田巡査部長はネット上でつながった別の人物とともに不正に入手したクレジットカードを悪用していたということで、警察はほかにも物品をだまし取っていなかったか詳しく調べています。

 

池田容疑者は2010年に道警に入り、刑事部門を中心に勤め、16年4月から帯広署の刑事2課に所属。

 

詐欺などを捜査する知能犯係を担当していたということです。

 

この「知能犯係」でインターネット詐欺の手口を知った可能性があります。

 

警察官が、仕事上で知った手口で犯行を行ったとしたら罪は相当重くなるものと思われます。

 

道警の巡査部長が5日に逮捕か。道外のインターネットに絡む詐欺事件に関与

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です