男子中学生にみだらな行為をした『北條真帆(40)』は夫と子どもがいる生保レディー。何度も繰り返された犯行の経緯が判明

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

中学生とわいせつ行為を行った「北條真帆」

 

6月16日に男子中学生(14)にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反の疑いで、横浜市南区南太田の会社員、北條真帆容疑者(40)が逮捕され話題になりました。

 

北條容疑者の逮捕容疑は6月14日午前7時半ごろ、自宅で同区に住む中学3年生の男子生徒に対し、みだらな行為をした疑いでした。

 

この北條容疑者について、週刊文春が詳細を報じています。

 

参照:TBSニュース

 

参照:NNNニュース

 

美人と書いているブログもありますが、私には普通のおばさんに見えます。

 

北條容疑者にいた夫と子ども

 

北條容疑者には、夫と小学校低学年の子どもがいたようです。

 

夫は190センチ以上の長身で、自動販売機の補充の仕事をしていて、北條容疑者は生命保険の外交員をしていたとのことです。

 

しかし、なぜ中高生が出入りするようになったのでしょう。

 

家には毎日4、5人の中高生が出入り

 

北條容疑者の家には毎日4〜5人の中高生が出入りして、家の前でタバコを吸って大騒ぎをしていたとのこと。

 

 

近所からの通報で、今年に入って2回ほど警察がきていたとされています。

 

そして、夫も一緒に騒いでいたそうです。

 

どうも北條夫妻は非常に子供好きだったようです。

 

小学生の時に知り合った子供たちが中高生に

 

家に来ていた中高生のメンバーは、北條夫妻が子どもができる前に公園で声をかけたサッカーをしていた小学生たちだったとのことです。

 

その小学生も年月が経てば中学生や高校生になります。

 

 

今回被害にあった中学生は、そのメンバーの友達で一緒に北條容疑者の家に来ていた男の子とのこと。

 

北條容疑者は、以前から自宅で寝ている少年の布団に忍び込んだりしていたということです。

 

数年前も男の子に手を出し離婚危機に

 

北條容疑者は、数年前にも家に出入りしている男の子に手をだしそれが夫にバレて離婚騒ぎになったようです。

 

その時は、なんとか離婚にはならなかったようですが、その間も何度か男の子に手を出しており今回の事件でそれが公になったものと思われます。

 

少年に「恋愛感情はなかった」と話す北條容疑者。

 

今回の事件も単純に自分の欲望を満たすための行為だったようです。

 

横浜市40歳「北條真帆」自宅で中3男子にみだらな行為。顔画像公開。少年たちを毒牙にかけていたか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です