石井啓昌。自宅で酒を飲み知人を殴り殺害。責任能力は?札幌

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

42歳無職の男が友人を殴り死なせる

 

札幌市豊平区に住む41歳の無職の男が、知人男性の顔面を何度も殴ったとして傷害の疑いで逮捕されました。

殴られた男性は搬送先の病院でその後、死亡が確認されています。

 

知人男性を殴ってけがを負わせたのは、札幌市豊平区中の島1の7、無職石井啓昌(ひろまさ)容疑者(41)。

殴られた男性は顔などに大けがを負い、約1時間半後に搬送先の病院で死亡しました

 

けんかをして相手をなぐる?

 

警察によりますと、死亡したのは札幌市豊平区中の島1の6、トラック運転手轟拓也さん(42)。

石井容疑者の逮捕容疑は18日午後3時50分ごろ、石井容疑者宅のアパート居室で、酒を飲み轟さんの顔などを拳で複数回殴り、大けがを負わせた疑いです。

 

石井容疑者が自ら「けんかをして相手が重傷だ」と119番し、駆けつけた同署員が室内にいた同容疑者を現行犯逮捕しました。

一部報道では責任能力の有無を慎重に調べているともされています。

 

41歳で無職。

生活保護かアルコール依存症の可能性が高いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です