行方不明の男性か?下呂市の山林で、焼け焦げた車の中から身元不明の遺体。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

岐阜県下呂市の山林で、焼け焦げた車の中から身元不明の遺体が見つかりました。

警察が身元の特定を進めています。

丸焦げになった車に遺体


警察によりますと、17日午前9時40分ごろ、下呂市金山町の山林で、土砂崩れの現場の定期点検のために訪れた土木事務所の男性職員から「丸焦げになった車が停まっている」と警察に通報がありました。

通報を受けた警察官が車内を確認すると、年齢、性別不明の遺体が見つかったということです。

現場は岩屋ダムから北におよそ5キロの山林で、周辺は土砂崩れのため通行止めがされている場所ということです。

警察が遺体の身元の確認を進めています。

下呂温泉で合掌村の使途不明金で会計者が行方不明

岐阜県下呂市では、下呂温泉合掌村の昨年度の会計帳簿で、およそ2000万円が使途不明になっていることを明らかになっていて、会計担当の男性が一部関与を認めた後、行方不明になっています。

下呂市によりますと、5月14日、下呂温泉合掌村の昨年度の決算処理中に、当時の会計担当者の男性(52)が毎月提出していた通帳のコピーが、4回改ざんされていることが分かりました。

これを受け内部調査を行い、総額およそ2000万円の使途不明金があることが判明。

16日、市が行った聞き取り調査で、男性は一部を認めましたが、「金の使い道が分かる証拠が自宅にある」と話した後、行方不明になっています。

市は警察に男性の捜索願を提出し、以前にも不正がなかったか調査を進めています。

下呂市の山内登市長は、「綱紀粛正を徹底し、再発防止を図る」とコメントしています。

つながりはある?

一部、この身元不明の男性は行方不明の会計担当者ではないかとささやかれていますが、今のところ詳細はあきらかになっておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です