警視庁職員「五味丈士」路上に倒れていた「小栗佑亮さん」をひき逃げ。左腕や顔面にタイヤ痕。119番通報し立ち去る悪質さ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

警視庁職員を死亡ひき逃げ容疑で逮捕

 

警視庁は19日、警視庁留置管理1課主事の五味丈士容疑者(54)を自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕しました。

 

参照:ANNニュース

 

警視庁は19日、警視庁留置管理1課主事の五味丈士容疑者(54)=東京都足立区千住大川町=を自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は19日午前4時6分ごろ、東京都北区上十条4の都道(環状7号線)でマイカーの乗用車を運転。路上に倒れていた東京都板橋区の会社員、小栗佑亮さん(21)をひいて死亡させ、逃走したとしている。五味容疑者は「交通事故を起こしたことは間違いないが、人とは思わなかった」と供述しているという。

 警視庁によると、五味容疑者は事故後、数百メートル先の駐車場に車を止めて事故現場に戻り、「道路で人が倒れている。血を流している」などと119番した。だが、到着した警察官には自らが事故を起こしたことは伝えず、「仕事がある」と言って、職場のある北区の警視庁分室へ向かった。小栗さんの左腕や顔面にはタイヤでひかれた痕があったことから、警視庁が五味容疑者に関係者の一人として事情を聴いたところ、関与をほのめかしたという。マイカーで通勤するには所属長の許可が必要だが、五味容疑者は届け出ていなかった。

毎日新聞から引用

 

おそらく車を見た際に血液等が付着していたものと思われます。

 

マイカー通勤の許可なし

 

五味容疑者は、通勤するのにマイカー通勤許可をとっていませんでした。

 

このことも、ひき逃げをした要因だと思われます。

 

亡くなった小栗さんの左腕や顔面にはタイヤでひかれた痕があったということですから、人をひいたのが分からなかった訳はありません。

 

五味丈士の経歴

 

・1999年に警察職員として採用

・2006年から留置管理1課で勤務

・現在54歳

・自宅住所 東京都足立区千住大川町

 

五味丈士のSNSは

 

五味容疑者のフェイスブックやインスタグラムなどヒットするものはありません。

 

名前が変わっているので、あればヒットするはずですが・・・。

 

SNSをやっていないか別名でやっているのだと思います。

 

ひき逃げでもかなり悪質

 

五味容疑者の交通事故は、路上に倒れていたひとをひいたときちんと申し出ていればそれほど大した罪にはならなかったでしょう。

 

産経ニュースでは、事故当初『通行人の男性が発見し119番通報した。警視庁王子署によると、小栗さんは側道上にあおむけに横たわった状態で見つかり、頭から血を流していたという。顔と左腕にタイヤ痕があり、同署は、小栗さんが車にひき逃げされた可能性もあるとみて、亡くなった詳しい経緯を調べている。』と報じていますから、五味容疑者は当初「親切な通行人」とされていました。

 

 

119番通報した親切な通行人が犯人だったとは・・・・。

 

おそらく今度は自分が留置場に入ることになると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です