釧路刑務所で50代男性被告が自殺。巡回の1分前まで異常なし。遺書がみつかる

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

釧路刑務所で男性被告が自殺

 

釧路刑務所に収容されていた男性被告が自殺しました。

 

 

巡回と巡回のわずかな時間を狙っていたようです。

 

北海道の帯広刑務所釧路刑務支所で刑事裁判のため収容されていた50代の男性被告が自殺を図っているのが見つかり、死亡が確認されました。

死亡したのは、北海道釧路市の帯広刑務所釧路刑務支所の単独室に収容されていた50代の男性被告です。

釧路刑務支所によりますと4月19日午後10時35分ごろ、巡回中の職員が洋式トイレの配管付近にタオルをくくりつけて首をつっている男性を見つけました。

男性は意識不明で病院に搬送されましたが、4月20日午前10時すぎに死亡が確認されました。

約1分前の巡回では男性は布団で寝ていて異常はなかったということです。

UHBニュースから引用

 

遺書らしきものも発見されています。

 

釧路刑務所の場所

 

釧路刑務所:北海道釧路市宮本2丁目2−5

 

札幌刑務所でも自殺者が相次ぐ

 

札幌刑務所でも自殺者が相次いでいます。

 

札幌刑務所で女性受刑者が自殺。半年で4人の自殺者が出る異常事態に。

 

タオルとトイレの配管を使った自殺が多く、巡回と巡回の合間を狙っています。

 

みんな、このわずかな間で自殺をしています。

 

タオルがなぜ置いてあったのか

 

タオルがなぜ刑務所の単独室に置いてあったのか不明です。

 

 

タオルなどの自殺に使えるようなものは刑務所には置かないはずですが・・。

 

刑務所内での自殺はななかな防げないものなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です