【超過保護のつけ】1億円盗んだ元JA係長の次男‼︎見事なクズっぷり⁉︎

要点をざっくり

  • 千葉・松戸市のJAの支店の元係長の女が、現金9,600万円余りを盗んだとみられる事件。
  • この金を受け取った疑いで逮捕された次男が、金を遊興費で使っていたことが判明しました。
  • この次男が、キャバクラ、ガールズバー、風俗で全てお金を使い切ったようです。

元JA係長の母親逮捕

 

勤務先のJAとうかつ中央松戸南支店(松戸市)から現金700万円を盗んだとして、松戸署は11日、同支店元出納係長の松永かおり容疑者(53)を窃盗容疑で逮捕しました。

 

f:id:gbh06101:20180926050421p:plain

参照:FNNニュース

 

また、松永容疑者から現金を受け取ったとして、次男の自称無職、西弘樹容疑者(22)も組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で同じく逮捕しました。

 

松永容疑者は、JAとうかつ中央松戸南支店の係長だった2018年6月、店内の金庫から現金700万円を盗んだ疑いが持たれており、この700万円を盗んだ金と知って受け取った疑いで、松永容疑者の次男・西 弘樹容疑者も逮捕されました。

 

f:id:gbh06101:20180926050510p:plain

参照:FNNニュース

 

2人とも容疑を認めていて、松永容疑者は、「次男に懇願されて盗んだ」と話しています。

 

 

どうしようもない馬鹿息子

 

週刊女性によりますと、西容疑者の知人は、西容疑者に対して「見栄っ張りだし、基本、嘘しかつかない」と語っています。

 

西容疑者は、自分は不動産会社の社長だと嘘をつき、週に5、6回飲みに出かけていたようです。

 

それも母親にJAからお金を盗ませ、600万円〜700万円のお金を受け取って、そのお金を湯水のように使っていたということです。

 

お金を母親から受け取る際、母親の勤務しているJAの近くの駐車場に車を停めて、西容疑者だけ降りていって「お金を下ろして待っている銀行員の田中さんからお金を受け取ってくる」と友人には話していたそうです。

 

母親はほとんどATMですね。

 

1年で9633万円盗む

 

この母子は、1年間で9633万円のお金をJAから盗み、西容疑者がそのほとんどを遊興費として使ってしまいました。

 

松永容疑者は、この西容疑者を溺愛しており、お金を無心されやむなくJAからお金を盗んだようです。

 

そして、西容疑者がその札束でピラミッドを作ったり、キャバクラに20万円のスーツを作って遊びに行ったり、挙げ句の果てには1日100万円でキャバクラを貸し切り、大盤振る舞い。

 

f:id:gbh06101:20180926050753p:plain

参照:FNNニュース

 

大学も単位がとれなくて中退しています。

 

スポンサーリンク

母親は勤続35年のJAを懲戒解雇されても次男を溺愛

 

松永容疑者一家は、夫と松永容疑者、長男と逮捕された次男の4人家族です。

 

両親は共働きで、近所では仲の良い家族だと評判だったとか。

 

この事件が発覚し、一人暮らしを始めた次男の部屋に行き

 

『弘樹へ 大丈夫ですか?掃除をしにきたんだけど留守なので帰ります。連絡してください。待ってます。お母さんより』

 

というメモも残しています。

 

この時も西容疑者は、盗んだお金でお酒を飲みに行っていたのでしょう。

 

 

一度務めるも熱中症でダウンして仕事を1日でやめる

 

西容疑者は、着服がバレて母親が懲戒解雇されてから、お金の出所がなくなり、一度だけ仕事をしたそうです。

 

「とび職人」の面接に行って、作業着とか水筒を買って一丁前の格好をして現場に行ったところ、熱中症になりかけて倒れて、それから仕事にいかなくなったとのことです。

 

お酒を飲むか寝るかしかしていなかったのでしょうから、逮捕された時にはブヨブヨに太っています。

 

とても、肉体労働ができるようには見えません。

 

それに、ずっと働いていないので、働くという意味が分からなかったのでしょう。

 

 

母親が盗んだお金は飲み代で全て消える

 

知人は西容疑者が非常に飲みに行くのが好きで、それも1人で行くのがいやなため、3万円あげるから飲みに行こうと誘われたそうです。

 

f:id:gbh06101:20180926053823p:plain

参照:週刊女性

ガールズバーでの西容疑者

 

それに、キャバクラで気に入った女の子の誕生日に100万円で店を貸し切って大盤振る舞いまでしたのだとか。

 

西容疑者は、最初母親からお金をもらう時に「事業をやるから研究費が欲しい」と言ったそうです。

 

また、「税理士になるためにお金が必要」とも。

 

それで、JAから盗んだお金は全て次男の手に渡り、全て遊興費に消えてしまったようです。

 

現在も西容疑者は黙秘を続けているようですが、知人曰く「全く罪悪感を持っていない」ということです。

 

この甘ったれぶりは、三田佳子の次男・高橋祐也とどっこいどっこいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です