空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【夜回り組長の真の姿】落ちぶれ自殺した悲しい末路の理由⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180407053208p:plain

 

要点をざっくり

  • 東京都豊島区の簡易宿泊施設で昨年10月、利用客の男性が殺害された事件で、強盗殺人容疑で、当時この施設に宿泊しており事件後に死亡した住所、職業不詳の男(79)を容疑者死亡のまま書類送検しました。
  • 送検された男は元指定暴力団関係者で、繁華街で少年少女の更生にあたる「夜回り組長」として活動していた「石原伸司」氏です。(本名:石毛義雄)
  • そしてAERAによると、石原氏は「組長」ではなかったようです。

夜回り組長が強盗

 

東京都豊島区の簡易宿泊施設で昨年10月、利用客の男性が殺害された事件で、警視庁捜査1課は5日、強盗殺人容疑で、当時この施設に宿泊しており事件後に死亡した住所、職業不詳の男(79)を容疑者死亡のまま書類送検しました。

 

男は元指定暴力団関係者で、繁華街で少年少女の更生にあたる「夜回り組長」として活動していた「石原伸司」氏です。(本名:石毛義雄)

 

送検容疑は昨年10月26日未明、豊島区駒込のサウナ付き簡易宿泊施設で、客の無職、木村清己さん(当時71)の首を絞めるなどして殺害し、腕時計(時価100万円相当)を奪ったとしています。

 

木村さんには首を絞められたような跡があり、喉の骨が折れていたということです。

 

防犯カメラの画像などから、石毛容疑者に似た人物が腕時計を付けて施設を出た後、台東区内の質屋を訪れ、木村さんのものと型番の同じ腕時計を持ち込んでいたことが判明。

 

また、木村さんの着ていたガウンに付着していた血液が石毛容疑者のものと一致しました。

 

石毛容疑者は今年3月6日、墨田区で別の男性に刃物で切りつけた後、隅田川に飛び込み、溺死しているのが見つかっていました。

 

周囲に「死にたい」と話していたといい、捜査1課は自殺の可能性があるとみています。

 

石原伸司(本名:石毛義男)とは

 

この石原氏は平成20年の産経新聞のインタビューで、夜回り組長として少年少女の悩みを聞き歩く活動について、「自分でも何かの役に立てるんだと感じた。残りの人生は非行少年の更生に費やそうと決めた」などと語っていました。

 

夜回り組長 石原伸司 [DVD]

 

しかし、石原氏は木村さんを殺害後、腕時計を奪い質屋に入れて換金していたとのことで、その様子は防犯カメラに映っています。

 

石原氏の行方を追っていたところ、自殺したことがわかったと警察関係者が語っています。

石原氏は、多数の著作もあり、雑誌などにも連載をもっていました。

 

石原氏が作家活動を始める

 

石毛容疑者は殺人事件などにかかわり、20年以上刑務所暮らしの後、「夜回り組長」「作家名:石原伸司」を名乗るようになり、作家活動をはじめました。

 

逢えてよかった―夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ

 

繁華街で、若者の悩みを聞き、自分の体験をもとに励ましてぐれないようにという活動は、大きく注目され多数の著作やテレビにも出演しています。

 

私生活でも、神奈川県の資産家女性と親密に交際し、羽振りもよく赤坂や新宿で豪遊していたということです。

 

しかし、「この資産家女性とトラブルになり、別れた後、落ちぶれてしまった」と知人は語っています。

 

お金に困っていた石原氏

 

最近では、昔の仲間やマスコミ関係者に「金を貸してほしい」という電話が頻繁に入っていたそうです。

 

電話を受けた知人によれば、「1万円、いや3000円でいいから都合してくれと、切羽詰まった様子だった」ということです。

知人によると、石原氏は最近、いらない服を知人に送りつけて「買ってくれ」と押し売りをするなどトラブルが絶えなかったといいます。

 

また東スポによると、昔のクスリの乱用の影響か「殺し屋に追われている」「ワゴン車の奴らにさらわれそうになった」という妄想にとりつかれ、電波が探知されるといって携帯電話も捨て、自宅に戻らず逃亡生活をしていたとも書かれています。

 

そしてビジネスホテルや簡易宿泊所を転々として、お金が尽きてしまったようです。

 

組長ではなくだたのチンピラだった

 

この知人はさらに続けます。

 

石原氏は「夜回り組長」と自称していましたが実際は違ったようです。

 

「若い衆がいたこともなく、実際には組などはもっていなかった。ただ組員で、幹部などの役職にもついたことはなかった」

 

つまりただのヤーさんで、「チンピラ」です。

 

f:id:gbh06101:20180407044935p:plain

出典:東スポ

*山口系組織の元組長で作家の石原伸司と紹介

 

普通、そういう組織の組長といっても子分が二人くらいというのも珍しくないのですが、その組長にも幹部にもなったことがないとは。

 

このキャラクターが珍しくマスコミも飛びついたんでしょうが、元々が「嘘」です。

ただのチンピラの本なんか誰も読みません。

 

それに、今となっては実際に石原氏が書いたものかも分かりませんし。

 

立派なことをいって注目を集めたが、最後に本性が出て(もしくはクスリの乱用の影響で)人を殺して金品を奪い自殺したというのがこの石原氏の末路のようです。