「ひき逃げ直後に自宅に放火」更にアルコールも検出。西田明正「自暴自棄になった」

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

福岡県筑後市で、ひき逃げの疑いで逮捕されていた男が、ひき逃げ事件をおこし、その直後に、自宅に放火した疑いで22日、再逮捕されました。

車を残して逃走

ひき逃げで逮捕されたのは、筑後市西牟田のパート従業員、西田明正容疑者(60)です。

西田容疑者は3月9日、車を運転して自宅から1キロほど離れた県道で、交差点を直進していた軽ワゴン車に衝突し、運転していた男性にけがをさせたまま、車を残して逃走しました。


20分後、自宅の火事現場にいたところを、ひき逃げなどの疑いで、逮捕されました。

ひき逃げ現場

ひき逃げをおこしたと思われる車

ひき逃げの直後に自宅に放火

20分後、自宅の火事現場で逮捕された際、警察は自宅の火事についても関連を調べていました。

西田容疑者が「ひき逃げで自暴自棄になり、火をつけた」などと容疑を認めたため、22日、放火の疑いで再逮捕したということです。

ひき逃げした上、自宅にまで放火する意味がわかりません・・・。

自宅の火事の様子

飲酒運転の疑いも

また、西田容疑者からは基準値超えるアルコールも検出されたといいます。

警察は、放火の経緯などを詳しく調べているということです。

飲酒運転でひき逃げ、更に放火で罪を重くするとか何を考えているのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です