『今野隼人』出水中央高校の監督兼体育教師が選手に暴行。動画がネットで拡散。生徒に謝罪なく「厳しい練習も今後に生きる」と発言

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

スポーツ系のクラブの体罰はよく問題になりますが、今度のはかなりひどい暴行です。

 

この人物はサッカー部の監督で体育教師。

 

このような人間がいる限り体罰はなくなりません。

 

鹿児島出水中央高校も教師が体罰?暴行

 

鹿児島県の高校でサッカー部の監督が生徒の顔を殴るなどした映像がネット上で拡散し、問題になっています。

 

*元の動画は削除済み

 

動画はサッカー部の練習風景を映したもので、監督が生徒を呼びつけるといきなり足を蹴り、さらに顔を殴ると生徒がその場に崩れ落ちました。

 

出水市の出水中央高校によりますと、動画は8日午後5時ごろに撮られたもので、暴行をしたのはサッカー部の監督を務める42歳の体育教師、暴行を受けたのは3年生だということです。

 

動画を削除するように校長が生徒に依頼

 

出水高校では9日、生徒が動画を投稿していたことを把握。

 

この動画は、サッカー部員ではない生徒が投稿していました。

 

校長は生徒に「何らかの形で監督を処分するので動画を削除してほしい」と話したということです。

 

教師は「今後に生きる」と生徒に謝罪なし

 

監督は学校の聞き取りに対し「素直に話を聞かないのでいけないのはわかっていたが手を出してしまった」と暴力に至った経緯を説明しました。

 

暴行後も生徒への謝罪の言葉はなく「厳しい練習も今後に生きる」という趣旨の発言をしたということです。

 

この監督は先月も「体育祭の片づけをさぼっていた」として別のサッカー部の3年生の首を殴り、校長から指導を受けていました。

 

この教師の名前は「今野隼人」

 

この教師の名前は『今野隼人』とされています。

 

 

参照:出水中央高等学校HP

https://izumi.ac.jp/club-info/soccer/

 

学校側では、HPからの削除まで追いついていないようです。

 

 

動画を拡大してみましたが、後ろ姿なので短髪であることしか分かりません。

 

調べてみたところ、このサッカー部は今野監督以外は、コーチしかいません。

 

サッカーの記事でも紹介

 

今大会初戦では名門・鹿児島実高に対して我慢強い守りとセットプレーを駆使し、MF宮崎雅也(3年)とMF古堅永遠(3年)のゴールによって2-1で勝利。続く鳳凰高戦も1-0で勝ったものの、後ろに重い戦いとなってしまったという。近野隼人監督は「目に見えない選手権のプレッシャーと戦っているのかな」と選手権の難しさを口にしていたが、この日も思うような内容のゲームにはならなかった。

ゲキサカ 2018/11/9から引用

 

やはり、監督が2人いない限り(監督はいまも1人)、暴行を加えた体育教師は「今野隼人」で間違いないようです。

 

この試合の日も、自分の思い通りに動かなかった生徒に体罰を加えていたのかもしれません。

 

指導というがサボっていたわけではない

 

教師は「お前なんや、パッと見いな。パッとこっち見ろ、こっちをパッと。ちゃんとしろ」と部員を呼んでいます。

 

そして、いきなり足蹴りと平手打ち。

 

「素直に話を聞かない」というのは、自分が指示した通りに動けないということのようです。

 

蹴ったり、平手打ちをしても技術的なものであればどうしようもありません。

 

それに、サッカーをしている人間の蹴りは空手の初段並みといわれていますから、下手をすると選手の足の骨が折れかねません。

 

1回目をつけられたらアウト

 

出水中央高校のOBはこの教師に対して、「一回、目をつけられたらアウト。『お前みたいなやつは、一回死んでもう一回戻ってこい』みたいな発言は日常的にあった」と語っています。

 

出光中央高校は、サッカーの強豪校で高校総体の県予選と新人戦で準優勝しています。

 

県サッカー協会では、28日から始まる全国サッカー選手権大会の県予選に今野監督をベンチに入れないことも検討しているということです。

 

今野監督の体罰。

 

まだまだ余罪がでてきそうです。

 

体罰でサッカー部が強くなれるはずはありませんから、今野監督は監督としても教師としても資質を欠いていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です