『大津園児死傷事故』新立文子被告。「刑期が短くなればいい」「不運が不運を呼んだ交通事故」」身勝手な主張の数々

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

大津市で保育園児の列に車が突っ込み、16人が死傷した事故で起訴された女。

 

保釈中にANNの単独取材に答え、「納得いかない部分がある」と今の思いを語っています。

 

参照:朝日新聞

「大津園児死傷事故」も新立被告がANNの取材に応える

 

5月8日午前10時15分頃に発生した大津園児死傷事故。

 

新立文子被告(53)は乗用車を運転中、「考えごとをして」確認を怠ったまま右折し、対向の軽乗用車と衝突。

 

軽乗用車が歩道上に突入し、信号待ちをしていた2歳の園児2人を死亡させ、別の園児と保育士計14人に重軽傷を負わせました。

 

 

その新立被告がANNの取材に応えています。

 

納得のいかない部分があると語る新立被告

 

新立文子被告はANNの取材に対して、「自分的に納得のいかない部分とかたくさんある」と応えています。

 

参照:ANNニュース

 

12月に開かれた公判で、新立被告には禁錮5年6カ月が求刑され、1月16日に判決がいい渡されます。

 

また、新立被告は他人の家族を交通事故で殺しておいて、自分の家族は守っていかなければならないとも話しています。

 

不運が不運を呼んだ交通事故

 

新立被告は自分の不注意であることは確かだが、今回の事故は「不運が不運を呼んだ交通事故」と語っています。

 

しかし、検察側は事故について「無謀な運転で起こるべくして起こった」と主張。

 

参照:ANNニュース

 

また、新立被告が衝突し園児たちに突っ込んでいった軽自動車運転手が不起訴になったことにも不満をもっているようです。

 

軽自動車の運転手が減速またはブレーキをかければよかったと・・・。

 

ストーカー事件は自分がストーカーされていた

 

新立被告は事故後に保釈されましたが、出会い系サイトで知り合った男性に対してストーカー行為をしたとして逮捕・起訴されました。

 

それも、報道では保釈中に暇だったので出会い系をしたとされています。

 

それに対して、新立文子被告は「反対に言ったら私の方がストーカーされていたんではないかみたいな感じなのに、事故のことがあるから全部言えないみたいなつらさはあります」

 

参照:ANNニュース

 

とANNの取材に語っています。

 

出会い系をしたということについては触れていません。

 

わがままを言わせてもらえば「刑期が短くなればいい」

 

新立被告は、一生償っていくとしたうえで「わがまま言わしてもらったらやっぱり子どもがいるので(刑期が)早く短くなればいいというのはあります。正直」

と語っています。

 

参照:ANNニュース

 

少し笑みもこぼれています。

 

とても一生償っていくと語る人間のいう言葉ではありません。

 

おそらく判決が出ても控訴するであろう新立被告。

 

彼女が本当に反省する日はくるのでしょうか。

 

大津園児死亡事故・新立文子は初公判に「おめかし」出廷。保釈中のストーカーで実刑確定か

大津園児死亡事故・被告の新立文子がストーカー行為で逮捕。反省のない加害者達

【大津市園児死亡事故】報道されない加害者たちの意外に軽い刑罰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です