『東尋坊殺人事件』「はよ落ちろや」少年らが自殺に見せかけ嶋田友輝さんを殺害。「殺人」で再逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

東尋坊で遺体があがり、少年らが監禁の疑いで逮捕された事件で少年らが殺人罪で再逮捕されました。

 

少年らは東尋坊で自殺に見せかけ、嶋田さんを殺害したことが判明しました。

 

監禁の疑いで逮捕された7人が殺人罪で再逮捕

 

滋賀県東近江市の嶋田友輝さん(20)が10月19日に福井県坂井市の東尋坊で遺体で発見され、少年ら7人が逮捕された事件。

 

滋賀県警捜査1課や少年課などは24日、殺人の疑いで、滋賀県長浜市神照町、とび職上田徳人容疑者(39)や同市のとび職の少年(19)ら計7人を再逮捕しました。

上田容疑者以外は未成年

 

上田容疑者以外は未成年で、彦根市の無職とアルバイトの少年(19)、滋賀県多賀町のとび職少年(17)、大津市の通信制高校の男子生徒2人(17)。


再逮捕容疑は、共謀し、10月18日午後6時ごろ、東尋坊で、嶋田さんに「はよ落ちろや」などと言って高さ約20メートルの崖から飛び降りさせ、頭部打撲による脳挫滅で死亡させた疑いです。

 

警察では、7容疑者の認否を明らかにしていません。

 

おそらく7人のうちの誰かが「殺人」を認めたものと思われます。

自殺に見せかけ殺害

 

この7容疑者は10月上旬から嶋田さんを殴るなどの暴行を加えて車のトランクに監禁して連れ回していました。

 

複数の容疑者が「発覚を免れるため、自殺に見せかけようとした」という趣旨の供述をしているということです。


7容疑者は嶋田さんを押すなど直接手をかけておらず、命令で嶋田さんが飛び降りたと供述しています。

殺人と判断した理由

 

警察では崖の高さからいって飛び降りれば明らかに死ぬことが分かることこと、東尋坊に向かう車中で「あと1時間の命やからな」と嶋田さんに話していたことなどから、7容疑者に殺意があったと判断し「殺人罪」で再逮捕しました。

 

この殺人事件の主犯は上田容疑者ではなく、19歳の少年です。

 

19歳でも殺人であれば、少年法の適用はされないのではないかと思います。

 

少年らの逮捕から1ヶ月以上経過して、殺人だと判明した形になります。

あまりに悪質な殺人

 

少年たちは嶋田さんとトラブルがあったにせよ、車のトランクに数時間監禁し東尋坊まで連れていきその間「もう少しで命がなくなる」と脅していました。

 

そして、東尋坊の断崖から飛び降りるように指示。

 

この前にも、嶋田さんを暴行して車のトランクに閉じ込めていたのが確認されています。

 

その間、嶋田さんはどれだけ苦しんだか分かりません。

 

集団リンチに殺人教唆。

 

その上自殺に見せかけ自分たちは逃げようとしたとは。

 

あまりに残酷な許しがたい犯行です。

 

『滋賀トランク監禁事件』上田徳人らがリンチのうえ生きたまま東尋坊で殺害。マスク越しの顔画像

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です