【北海道】氷点下30度の世界‼︎回したタオルとシャボン玉が凍る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

氷点下30度の世界


14日、道内は旭川郊外で氷点下30度近くまで気温が下がるなど、各地で今シーズン一番の寒さとなっています。


旭川の江丹別では、14日朝、氷点下29.8度を観測し、全国でこの冬一番の冷え込みとなりました。


皆さんおなじみの、濡れたタオルを回して凍るというやつをHBCで放送しています。


私もやったことがありますが、本当にすぐタオルが凍ってしまいます。



参照:HBCニュース


参照:HBCニュース


タオルがカチカチです。


シャボン玉もすぐ凍りつきます。


参照:HBCニュース


地元の人は、耳が痛く歯まで痛いと語っています。


氷点下20度を超えると、寒いというより痛くなります。


一度、濡れたタオルを回して凍らせてみると寒さがよく分かります。


金属などに素手で触れると、皮膚が張り付いてしまいます。


私も一度氷点下20度越えの時に金属を素手で触ってしまい、はがすのに皮膚が剥がれた経験があります。


こういう時はできるだけ、暖かい屋内で過ごすのが北海道民の生活です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です