【山口達也】変わり果てた姿に唖然‼︎芸能界復帰は無理か?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

現在の山口達也は丸坊主

 

現在のTOKIOの元メンバー山口達也の姿を女子セブンが報じています。

 

TOKIOの元メンバー、山口達也(47才)の現在は丸坊主にヒゲ姿。

 

昨年の4月26日の未成年への暴行未遂事件の謝罪会見から1年以上が経過しています。

これでは誰もあの国民的アイドルのTOKIOの山口達也とは思わないでしょう。

 

参照:女性セブン
 

女性セブンが報じている山口の本当の病名は、躁鬱病(正式名称は「双極性障害」)

 

アルコール依存症はこの躁鬱病を紛らすためにお酒を飲んでいたことが原因ということです。

1年にわたって治療を続け体調は上向いているということですが、今も心身の状態は万全とは言えなさそうです。

 

この、双極性障害は気分が高まったり落ち込んだり、躁状態とうつ状態を繰り返す脳の病気。

激しい躁状態とうつ状態のある双極Ⅰ型と、軽い躁状態(軽躁状態)とうつ状態のある双極Ⅱ型があります。

 

治ることがなく、正しい治療をせず放置すると、再発を繰り返すといわれており、治療を始めても寛解するまで4~5年かかるとされるほど期間が長く、なかなか治らないことが特徴の病気です。

 

おそらく、この状態では芸能界への復帰は難しいと思います。

 

いわゆる「禊」が終わっても、病気で自転車に乗るのもままならない状態ではバンドをやったり、無人島に行ったりするのはできないでしょう。

 

芸能界復帰を後押しする声もあるだけに、病気の深刻さが心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です