【新型コロナウイルス】千歳市で武漢からの中国観光客が高熱で病院に運ばれる。市のHPで注意喚起

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

いま、世界的に恐れられている「新型コロナウイルス」。

 

このウイルスがすでに北海道に上陸しているかもしれません。

千歳市で武漢からの観光客が高熱で病院へ

 

24日千歳市で中国の武漢からきた33歳の中国人女性が38度の高熱で病院に運ばれていたことがわかりました。

 

新型肺炎の「新型コロナウイルス」に感染していないか調べています。  

 

これから始まる道内の観光ラッシュ

 

これから道内では「雪まつり」をはじめ観光ラッシュの時期に入ります。

 

そして、中国では大型連休の「春節」が24日から始まり、中国人が一斉に移動をはじめます。

 

千歳市には、北の空の玄関である新千歳空港があります。

 

千歳市では警戒を強める

 

千歳市では、新千歳空港があることから市のHPで注意喚起を行っています。

 

現在、中国湖北省武漢市を中心に、新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生が確認されており、日本国内においても感染者の確認が報告されています。

 また、中国では旧正月を迎えるほか、道内において「さっぽろ雪まつり」等の大型イベントの開催が予定されることから、今後多数の外国人観光客が来日することが予想されます。

 つきましては、市民の皆様におかれましては、以下の内容についてご留意くださいますようお願いいたします。

・風邪やインフルエンザが流行する時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染症対策を徹底しましょう。

・武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、速やかに医療機関へご相談ください。なお、相談にあたっては、武漢市の滞在歴があることを申告してください。

千歳市HPより引用

 

さっぽろ雪まつりが危ない

 

現在、札幌の街中では外国人で溢れかえっています。

 

雪は少ないとはいえ空気は乾燥。

 

ウイルスが好む環境といえます。

 

未知のウイルスである「新型コロナウイルス」が、「さっぽろ雪まつり」に合わせて札幌に上陸する恐れは十分にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です