【新型コロナウイルス】船内感染61人、1人重症。日本人は21人。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

横浜港に着岸しているクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』の船内で新たに41人が新型コロナウイルスに

感染している事を確認。うち1人が重症であると厚生労働省が発表しました。

 

【厚労省によると】

これで船内の感染者は合計61人となり、新たな21人の感染者は東京都・埼玉県など5都県の病院に搬送されています。

重症者は5日に感染が確認させた10人の中の1人で、神奈川県内の病院で治療中という事ですが詳しいことは明らかにしていません。

今回新たに感染が確認された41人は20~80代の男女で国籍別でみると

日本 21人

米国 8人

豪州 5人

カナダ 5人

英国 1人

アルゼンチン 1人

としている。

クルーズ船には3711人が乗船しており、このうち咳や発熱などの症状がある人が120人と

症状がある人や香港ですでに下船し、感染が確認された男性と長時間接触した153人の

合計273人の検査結果が出そろったもよう。

【今後の方針】

政府は、検疫法に基づき残りの乗員乗客に健康観察期間として14日の間、船内に待機を求めています。

今後、高齢者や基礎疾患がある人、感染が判明した人との濃厚接触者についてもウイルス検査を行う方針とした。

 合計61人の感染が確認された事について加藤勝信厚生労働相は7日の会見で「クルーズ船という閉ざされた空間で長い期間おられたという事で接触が相当繰り返された結果だろう」と述べた。

又、WHO(世界保健機関)はクルーズ船内の感染について日本への上陸前の発生として

感染者数を日本国内の発生には合算せず『その他』にするとしている。

これにより国内の発生は無症状の人を含めて25人となった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です