【鮫島事件】ついにNHKが平成最大のタブーをツイート‼︎消されるかも

NHK・Eテレが「平成ネット史(仮)」を来年放送

 

来年は平成最後の年です。

 

2019年の1月2日と3日に、NHK・Eテレで「平成ネット史(仮)」なる番組が放送されることになりました。

 

ツイッターを見る限りでは、ポケベルやPHSなど、今の若い人たちは知らない、アラフォー・アラフィフのネットユーザーがターゲットのようです。

 

懐かしのWindows95も出ています。

 

忘れもしない、1995年(平成7年)にこの画期的なコンピューターのOSが発売され、一気にパソコンが身近なものになりました。

 

 

ツイッターのフォロワー数も7000人を超えています。

 

スポンサーリンク

NHKが鮫島事件に言及

 

11月24日に『Twitter』のアカウントで、NHKが『鮫島事件』についてふれ、世間がざわつきました。

 

 

日本のインターネット史上、最大のタブーともいえる「鮫島事件」について、NHKのアカウントが言及したことには私も驚きを隠せません。

 

アラフォー、アラフィフが驚きを隠せないこの鮫島事件とは。

 

鮫島事件とは

 

結論から言うと、2ちゃんねるから生まれた『都市伝説』。

 

いわゆる「ネタ」です。

 

一説によると、12人の人間がネットのオフ会で「鮫島」という男を集団リンチで殺したが実は別の男で、鮫島がその12人を恨んで殺している。

 

それには公安が絡んでいる。

 

また、「鮫島」という島で起きた残虐な殺人事件で公安絡み。

 

喋ったら政府に消される。

 

など、ネタに尾ひれはひれがつき、いろいろな話が出来上がっています。

 

ただし、この「鮫島事件」のお決まりのルールとして、「恐ろしくて話せない」「思い出させないでくれ」「消される」などときちんとノリを持って答えることが重要です。

 

まさしく平成初期のノリです。

 

・・・そして1時間後

 

 

スタッフは、公安に消されたのでしょうか。

 

といういかにも懐かしいくだりです。

 

このツイートしているNHKの人は、ツイッターの背景写真からも、昔2ちゃんネラーだったに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です