【8年前の殺人事件】妊娠中の被害者を殺害‼︎二股交際の末の殺人か

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

8年前殺害された女性は妊娠中


7年半前に首を絞められて殺害された女性は「妊娠中」だったということが判明しました。


荒木文昭容疑者(34)は2011年7月、鳥取県境港市の廃業したガソリンスタンドの屋上で当時、交際していた大西美穂さん(当時28)の首を絞めて殺害しました。


参照:ANNニュース


その後の取材で大西さんが妊娠していたことが分かったと報じられています。


荒木容疑者は当時、大西さんとは別の女性とも交際していて、大西さんが死亡した1カ月後にこの女性と結婚したということです。


荒木容疑者は当時二股交際をしていて、別の女性との結婚を前に妊娠していた大西さんとトラブルになり殺害したとみられています。


荒木容疑者は、大西さんだけではなく、自分の子供も殺害したことになります。


8年間もよく殺人を隠して、別の女性と結婚生活を送れたものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です