【NGT山口暴行】Z軍団の正体と目的‼︎関係があったのはメンバーE子

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

山口暴行に至る経緯


今回のNGTの山口の暴行事件の詳細について週刊文春が報じています。


今回、暴行被害を受けたメンバー・山口真帆(23)の帰宅時間が推測できる情報を犯人グループに伝えたのは、二十代前半の大学生「かいせー」


12月8日の夜、新潟駅近くのある場所で、すべての窓にフィルムを貼ったフルスモークの小型バスが停車し、このバスから降りたのはアイドルグループNGT48のメンバーD子。


劇場公演を終え帰途につくところのD子にバスが発車すると、熱心なファンである「かいせー」が声をかけたとのこと。


「まほほん、バスにまだ乗っているの?」D子が肯くと、「かいセー」はマンションで待ち伏せる2人の仲間である、北川丈(25)と笠井宏明(25)に今まさに山口が送迎バスに乗車している旨を報告し2人は山口を寮で待ち伏せていました。


参照:ツイッター


そして事件は起きた


12月8日の午後9時半、寮に帰宅した山口に男たち2人が暴行を働きました。


新潟県警が9日に犯人を逮捕。


しかし、山口の名前を伏せ、『市内在住の自営業の23歳の女性』と警察が発表したためこの事件は地元記者の目にも止まりませんでした。


その後山口は、状況が全く変わらないことについて運営側に不信感を抱き、動画配信サイト「SHOWROOM」とツイッターで窮状を訴えました。


太野と西潟は犯人ではないらしい



この山口の告白に各メディアは一斉に報道を開始し、メンバー関与の疑惑に注目が集まり、ネットでは犯人探しが過熱し、事件直後に山口がツイッターのフォローを外し、不仲と噂されていた太野(たの)彩香(21)や西潟茉莉奈(23)が真っ先に疑われました。


しかし、太野と西潟両名は事件には無関係であることは、新潟県警の事情聴取と携帯電話の履歴などを調査して明らかとなっています。


その後も運営側である今村支配人たちは動かず、14日になりNGTを運営するAKSの松村匠運営責任者兼取締役と新支配人に就任した早川麻依子氏らが謝罪会見を開き、「警察の捜査」を理由に詳細な説明を拒み、支配人交代も引責ではないと説明しました。



スポンサーリンク

NGTは『今村帝国』


NGTは『今村帝国』と呼ばれていたほどの今村支配人のワンマン体制で、運営に関してもあまりいい噂を聞かないとのことです。


参照:ツイッター


NGTが昨年行ったチーム編成も今村支配人が立案したもので、情報不足のため人間関係に全く配慮が出来ておらず、結果グループのバランスに歪みが生じ、メンバー同士はどんどん不仲になったといわれています。


Z会が暗躍


山口をはじめ、他県組は大抵が寮生活。


その寮は単身赴任者向けのワンルームマンションで家賃は月5万円台で、新潟市内にいくつかあるとのことです。


人気メンバーの中井りか(21)が、あるイケメンファンと繋がり、半同棲交際を始め、それを昨年6月の総選挙当日に『週刊文春デジタル』で報じられました。



参照:ツイッター


相手の男性は、森山 力貴也。


定職には就かず、アイドルと交際するために「接触活動」を続ける『アイドルハンター』と呼ばれる輩です。


確かに普通にイケメンです。


森山はパチスロやチケット等の転売で荒稼ぎをし、アイドルへの接触活動の資金源にしているということです。


森山の仲間は『Z軍団』と呼ばれ、地元ファンから煙たがられており、今村支配人には何度となく悪質さを訴えましたが、彼らは大金を落とす太客であるため、今村氏は事実上黙認していました。


今回逮捕された北川丈と笠井宏明、そして「たいせー」もZ軍団の一員でした。


仲間と組んでライブで最前列を確保し、自分の「推しメン」に認知してもらうというのが彼らのやり口で、事件後NGTのライブにこのZ軍団が最前列にいたという情報があります。


山口はさぞ怖かったでしょう。


Z軍団と関係があったのはE子


Z軍団の知人は、この3人がは水面下で太野や西潟ではない、NGTのE子ら別のメンバーたちと自分たちが借りた寮の部屋で密会を重ねていたと語っています。


その密会場所となっていたのが今回事件のあったマンションで、1年半前、彼らがNGTの寮でもあるこのマンションの一室を借りました。


それが山口の向かいの部屋で、そこは太野が一年半前まで寮として住んでいた部屋だったのだということです。


また、このZ軍団のアジトに出入りをしていたE子の存在が今村氏にバレてしまい、E子は今後、内々で処分される方向とNGTの関係者は語っています。


文春の報道では、太野と西潟は今回の事件に関係なく、調子に乗った北川と笠井が山口に対して接触しようとして失敗したというのが結論のようです。


しかし、今村支配人が最初からZ軍団を劇場へ出禁にしていればこんなことにはならなかったと思われます。


事件の責任はメンバーではなく、やはり運営側にあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です