ススキノ「Sing Sing Sing」の感染者が10人に。50代男性は重症。新型コロナの密閉空間での感染力に要注意

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ライブバーで感染した50代の男性は親族にも感染

 

10日に新たに新型コロナウィルスの感染が判明した札幌市の3人は、いずれも中央区のライブバーで感染した人の濃厚接触者であることが分かりました。


新たに感染が確認されたのは、いずれも会社員で50代の男性、60代の男女のあわせて3人です。

 

参照;HTBニュース


このうち、50代の男性は親族らへの感染も判明しています。

 

「Sing Sing Sing」での感染者が10人に

 

この50代の男性はススキノにあるライブバー「Sing Sing Sing」を先月26日に訪れていて、感染が確認されている女性店員2人の濃厚接触者です。

 

現在、男性は重症で、会話もできない状態です。

 

「Sing Sing Sing」での感染者が10人に

 

60代の男性は店員の親族で、そして60代の女性は、客として店を訪れ感染したとみられる男性の会社の同僚。

 

このライブバーに関連した感染者はあわせて10人となりました。

 

密閉された空間での感染力が強い新型コロナ

 

 

今回のライブヴバーでの集団感染で、新型コロナのバーやスナックなどの密閉された空間での感染力の強さが分かります。

 

また、ジムや狭い会議室での会議、講演会なども感染の可能性が高まります。

 

新型コロナを安易にただの風邪くらいに考えていると、症状はひとそれぞれなので予防はしっかりしたいものです。

 

飲食店は休業状態に

 

スナックなどは、狭いところにひとが集まる典型です。

 

新型コロナが収まるまで、営業を自粛して閉店するか、開店しても客がこなくて潰れる店もでそうです。

 

この新型コロナは、ススキノだけでなく、北海道の飲食店業界に大きなダメージを与えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です