ボーナスが出ない‼︎「緊急小口資金」と「総合支援資金」とは⁉︎厚労省が対象者から申請方法までYouTubeで親切に解説

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

わたしの会社では今年はコロナの影響で、夏のボーナスが出ないことがほぼ確定になりました。

 

ローンのボーナス払いや車検代をどのように工面するか思案中です。

 

できれば借りたい「緊急小口資金」と「総合支援資金」

 

今回コロナで失業したり、収入が減少した人向けに「緊急小口資金」と「総合支援資金」が用意されました。

 

厚生労働省では、YouTubeで分かりやすく、給付対象者から書類の書き方、郵送の際の注意点を解説しています。

 

 

 

 

自分が該当するかどうかが問題

 

「緊急小口資金」の対象者は今回のコロナに関連し「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を必要とする世帯」とされています。

 

また「総合支援資金」の対象者は「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難になっている世帯」です。

 

 

両方とも貸付なので返す必要があります。(一部免除の規程あり)

 

できれば借りたい「総合支援資金」

 

できれば「総合支援資金」を借りたいものです。

 

「総合支援資金」は2人以上世帯なら月額20万円以内を原則3ヶ月借りることができます。

 

据え置き期間も1年。

 

しかし、借りるためには条件が厳しそうです。

 

北海道在住者なら「北海道社会福祉協議会」へ相談

 

詳しくは北海道に住んでいる人なら「社会福祉法人 北海道社会福祉協議会」に聞いてみることをお勧めします。

 

http://www.dosyakyo.or.jp/seifuku_shikin/date/corona_kashituke.pdf

 

わたしもボーナスが出ないことが確定したら、申請の対象になるか聞いてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です