函館ドリフト車・街中でアクセルターン。すでに犯人特定か?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

函館市内でドリフト運転

 

北海道函館市の交差点で7日午前1時ごろ、乗用車が危険なドリフト走行を繰り返していたことがわかり、警察が道交法違反の疑いで捜査しています。

 

暴走する車を、近くにいた人が撮影していた画像です。

 

 

近くを走るタクシーに接触しそうです。

白い車がタイヤを滑らせながら、交差点内をくるくる回転しています。

ドリフトしている場所は

 

この動画が撮影されたのは、函館市本町の片側2車線の交差点で、市電の五稜郭公園前駅に近い、飲食店が立ち並ぶ、日中はひと通りが非常に多い場所です。

 

夜中とはいえ、車も走っています。

場所は、北海道函館市本町8−18付近になります。

 

 

昼間見るとすごいタイヤ痕が残っており、警察官が交通整理をしながら現場検証をしていました。

 

参照:HTBニュース

 

本当にすごいタイヤ痕です。

 

車はすでに特定か

 

この車は動画を解析すれば、車のナンバーはすでにわかっているでしょうし、古いタイプのFR車にドリフト用のタイヤを装着している人間は限られています。

 

それと厳密にいえば、これはドリフトではなくアクセルターンです。

オートバイでは「ワザ」として使いますが、車でこの芸当をするには高価で特殊なタイヤをワザワザはかなければなりません。

 

 

そこまでして目立ちたいとは・・・。

 

この全国放送された危険走行。

道民として恥ずかしい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です