大阪市西成区で男性が刺されて重傷。刺した男は刃物を持ったまま逃走中。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

大阪市西成区萩之茶屋の集合住宅で、住人から「人が刺された」と110番があった。

腹部を数か所刺され重傷

昨日20日午後10時15分ごろ、大阪市西成区萩之茶屋の集合住宅で、男性が何者かに刺される事件がありました。

大阪府警西成署員が駆けつけると、高齢男性が腹部を刺され、集合住宅の通路で倒れていたといいます。

男性は重傷とみられ、病院に搬送されたが意識はあったという。

同署によると、通報した住人が、刃物を持った男が倒れた男性のそばに立っていて、逃走する様子を目撃していたということです。

逃げた男は60~70代とみられ、同署は付近の防犯カメラを確認するなどし、殺人未遂容疑で男の行方を追っています。

事件があった集合住宅

西成区とは

大阪市西成区北部にある「あいりん地区」。

通称・釜ヶ崎、または“西成”とも呼ばれるこの一帯は、寒風吹きすさぶ真冬であっても路上生活者たちがそこら中にいるといいます。

多数の暴力団事務所、ホームレスの多さから「日本一治安が悪い」とも言われている場所だそうです。

そのことからネットでも「また西成かよ」という書き込みが目立ちました。

『参照:DIAMOND ONRAIN』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です