小牧市女性係長・部下がパワハラ自殺。停職6ヶ月の処分だけ?名前特定

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

小牧市の職員がパワハラで自殺

 

愛知県小牧市の職員の自殺が、上司によるパワハラと認定された問題。

小牧市役所では、この上司を停職6か月の懲戒処分としました。

 

小牧市によりますと総務部情報システム課の女性係長(46)は、去年4月から7月にかけて部下の当時30歳の男性職員に対し、一人だけ『意図的に会話をしない』など差別的な扱いをしていました。

 

男性は去年7月この女性係長について「威圧的」などと記した直筆のメモを残して、自宅で首を吊り自殺しています。

 

参照:中京テレビ

 

上司の係長は停職6ヶ月の懲戒

 

市が設置した第三者委員会は6月、この女性係長の行為をパワハラと認定していて、市は26日付けで停職6か月の懲戒処分としました。

 

この女性係長を巡っては他の職員に対するパワハラも認定されていて、市は女性係長の上司だった職員らについても管理責任として減給や戒告としています。

 

 

参照:中京テレビ

メモには

・上司に気軽に聞けない

・いつも機嫌が悪い

・今までこんな人にあったことがない

・書類を無下に突っ返される

・夜1時間に一回目が覚める

・家にいる時も無気力

 

と、この上司のパワハラにより、うつ病になっていく様子が書かれています。

 

このパワハラ女性係長の名前

 

ネットの情報によると、この女性係長の名前は『白木栄理』とされています。

 

夫も同じ市役所に勤務しているようです。

 

平成29年の『第 17 回新小牧市立図書館建設審議会 議事録』に

都市政策課政策推進係専門員  白木 栄理

 

とでていますから、この名前の職員が小牧市役所にいたことは確かなようです。

 

*「白木栄理」でない場合には本人からメールをください。

 

普通は依願退職をするが

 

通常であれば部下が自殺し、他にもパワハラの認定があり停職6ヶ月の処分が下れば、警察官や教師などの公務員は依願退職します。

 

この女性係長は処分は受けるが退職はしないというスタンスのようです。

パワハラで亡くなった男性の遺族は今後小牧市を訴えるものと思われます。

 

数千万円の税金を賠償金に使っても、なおかつ市役所に居続けるというのはある意味根性が座っています。

 

・・ということは、また復帰したら「パワハラ」をさらにうまくやるのではないかと危惧されます。

今回のパワハラへのツイッター

 

今回の女性係長によるパワハラのツイッターです。

 

参照:ツイッター

 

私も前の会社で人事部長からパワハラを受けましたが、今でも一切認めておらず会社は無視を決め込んでいます。

 

パワハラをやった側は会社や市役所が擁護してくれますが、やられた側は死ぬか会社を辞めるかです。

 

世の中はパワハラについては、やった人間が勝ちという状態がいまだに続いているように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です