岡田敏宏・ノーブレーキでひき逃げ。大学生はボンネットに乗り上げ死亡か。顔画像・札幌

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

札幌で20歳の大学生が誕生日会の後に、ひき逃げされ死亡した事故で50歳の新聞販売店の従業員が逮捕されました。

 

いまだに「何か」にぶつかったと供述しており、ひとをひいたことを認めていません。

大学生をひき逃げし仕事を続けた岡田敏宏容疑者

 

札幌市東区の北海道新聞販売店従業員岡田敏宏容疑者(50)は19日午前2時頃、札幌市豊平区平岸7条12丁目で豊平区西岡の北海学園大学3年、榎本拓斗さん(20)を車ではねて逃走し死亡させた疑いが持たれています。

 

参照:HBCニュース

 

榎本さんの死因は頭を強く打ったことによる頭蓋骨内損傷でした。

 

参照:HBCニュース

 

岡田容疑者は職場に向かう途中で、榎本さんをはねた後もそのまま出勤し仕事を続けていたことがわかりました。

 

岡田容疑者の車のボンネットに深い傷

 

岡田容疑者の車のボンネットには深い傷がありました。

 

参照:HTBニュース

これほど車のボンネットが傷ついているということは、榎本さんはひかれた後にボンネットに乗り上げたと思われます。

 

これでも岡田容疑者は「何かにぶつかったのはわかったが、そのまま立ち去った」と供述しています。

 

車はノーブレーキで衝突

 

岡田容疑者の車はノーブレーキで榎本さんに衝突したことがわかりました。

 

榎本さんがボンネットに乗り上げているとすれば、「何か」ではなく人間であったことは分かるはずです。

 

岡田容疑者は榎本さんをひき殺した後も、普通通りに仕事をして警察に届け出ることはありませんでした。

 

警察が捜査の結果逮捕する

 

警察が現場に落ちていた部品などから岡田容疑者を特定。

 

そして逮捕、送検となりました。

 

岡田容疑者は、このまま逃げられると思ったのでしょうか。

 

榎本さんはサークル仲間と誕生日会を開いた後の帰りにはねられたとみられています。

 

罪の意識がない岡田容疑者

 

20歳の大学生の命を奪った岡田容疑者は、最後まで榎本さんをひいたことを認めていません。

 

ひとを殺したという罪の意識自体ないようです。

 

いまだ犯人が捕まっていないひき逃げ事件がある札幌で、犯人が捕まったことがせめてもの救いです。

 

榎本さんのご冥福を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です