建設会社社長「宮本翔太」(30)会社を辞めたいといった従業員をクレーンで吊り下げ木刀で暴行。会社を特定

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

建設会社社長が従業員をクレーンで吊るし暴行

 

四日市北署は17日傷害の疑いで、四日市市赤堀、建設会社社長、宮本翔太容疑者(30)を逮捕しました。

 

 

従業員の男性をクレーンでつり上げて殴るなどの暴行を加え、けがを負わせたとして、三重県警四日市北署は17日、傷害の疑いで、四日市市赤堀、建設会社社長、宮本翔太容疑者(30)を逮捕した。同署によると、「弁護士と相談してから話したい」と認否を留保している。

 逮捕容疑は、11日午前6時半ごろから午前10時ごろまでの間、同市内の建設会社駐車場と重機置き場で、とび職の男性(30)=同市城西町=の顔を殴り、木刀で上半身を殴打したほか、腰に回した安全帯をトラック(ユニック車)のクレーンでつり上げて顔や足を殴ったり蹴ったりして暴行、鼻骨骨折などの重傷を負わせたとしている。

 同署によると、男性が「仕事を辞める」と言い出したことに腹を立てたとみられる。同日午後6時半ごろ、男性の知人が「男性と連絡が取れない」と110番。県警が同県菰野町の宿泊施設で同容疑者を発見した。

産経新聞から引用

 

従業員が会社を辞めるというだけでクレーンで吊るし暴行をするとは・・。

 

とんでもない社長です。

 

宮本容疑者が経営する会社は

 

四日市市で、社長が宮本翔太の会社があります。

 

2016年01月に設立された建設会社です。

 

会社名:株式会社翔栄建設(ショウエイケンセツ)

住所:三重県四日市市東日野町12番地1

代表取締役 宮本 翔太

従業員数  9人

 

となっています。

 

宮本容疑者は30歳ですから、親から受け継いだ会社でない限り会社の設立は新しいと思われます。

 

この会社以外に「宮本翔太」が社長をしている建設会社が四日市市にないことから、おそらく宮本容疑者の会社だと思われます。

 

鳶職は暴力的?

 

鳶職というと気が荒いというイメージがありますが、いまはそうでもありません。

 

クレーンで吊り下げて暴行などいまどき暴力団でもしません。

 

 

宮本容疑者は「弁護士と相談してから話したい」と語っていますから、前にも警察に逮捕されている可能性があります。

 

こんな暴力的な社長の元では、他の従業員も今回の逮捕を機に辞めてしまうと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です