木下優樹菜「タピオカDM恫喝騒動」いまだおさまらず。藤本敏史とともに芸能界から消滅か

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

いまだ衰えをみせまないタピオカブーム。

 

そんな中、木下優樹菜のタピオカ店へのDMでの恫喝騒動がいまだおさまりをみせず、夫婦共々芸能界から消滅危機を迎えています。

木下優樹菜のタピオカ恫喝騒動とは

 

木下優樹菜(31)の姉がアルバイトしていたタピオカ店を、姉が店を出したとして木下が自身のSNSで宣伝したところ、経営者とうまくいかず姉が店を辞めたことで木下は店を批判。

 

その際、木下のファンは木下に同情し応援しましたが、その裏で、木下が経営者を恫喝するDMを送っていたことが判明し、一気に状況は逆転。

 

木下に批判が殺到しました。

 

木下優樹菜がインスタで「もうお店には行かなくて大丈夫です」

 

今回の舞台となった店は、タピオカ店「#ALLRIGHT」。

 

木下は当初、SNSで店を応援する内容の投稿をしていたところ、10月6日、インスタグラムで「もうお店には行かなくて大丈夫です」などと投稿。

 

トラブルが発覚しました。

 

お姉ちゃんが、知り合いと始めたっていってからファンの方とかも遠くから足を運んで下さったり、差し入れまでいただいたり、わたしがお店にいたらたまたま来店してくださった方も、すごい喜んでくださったり、お姉ちゃんも有難いね、大切にするんだよって、わたしにいってくれていました。それなのに、お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝したことがよほどご迷惑だったらしく、、ご機嫌がよろしくなくて、お姉ちゃんがキレられてしまったり、しまいには、給料もちゃんともらえず、、給与明細までもらえず、、人間不信のようになってしまいました。その方に、メールをしても、返信すらなく、わたしが宣伝してしまったのが嫌だったはずなのに、未だわたしの写メは消してくれないし。お姉ちゃんは、盗んだ犯人みたいな扱いをされたり、、意味がわからなくて。とっても悲しい気持ちになりました》

木下優樹菜インスタグラムより引用

 

*現在削除

木下の恫喝DMの内容

 

このタピオカ店は、実際は別にオーナーがいて木下の姉はこのオーナーと知り合いでアルバイトをしていたとのこと。

 

木下の姉とオーナーの関係が悪化して姉が店を辞めてから、木下からダイレクトメッセージ(DM)がきたというのです。

 

その内容は

色々頭悪すぎなw』

 

『あと逆に週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ』

 

『弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^_^ うそつきwww』

 

これでオーナー夫妻も堪忍袋がの尾が切れたとのこと。

 

オーナーの知人がツイッターで暴露

 

オーナーの知人らしき人物がツイッターで、木下のDMなどを拡散。

 

 

木下の恫喝DMが発覚してからは、姉も木下が勝手にしたとこだと語っています。

 

 

 

インスタグラムで謝罪するも騒動はおさまらず

 

その後、数々の批判により問題のインスタグラムを削除。

 

10月9日に自身のインスタグラムで謝罪のコメントを発表しました。

 

この度は、私の自己中心的な発言により、
相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、
誠に申し訳ございませんでした。

私の発言は
いくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。

実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。
非常に失礼な発言をした事をとても反省しております。

相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います

また、この報道を見て不愉快な思いをされた方、
本当に申し訳ございませんでした。

事務所にも大変迷惑をかけました。

改めまして、私の発言について、大変申し訳ございませんでした。
今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、
発言には十分注意していきたいと思います。

そして、どんな時も 応援して支えてくれているファンの皆様、ごめんなさい。

2019/10/09 
木下優樹菜

木下優樹菜インスタグラムより引用

 

この謝罪でも木下優樹菜の「恫喝DM騒動」が収まりをみせません。

 

夫婦で芸能界から消えるのか

 

木下優樹菜は、元ヤンの「おバカタレント」してブレイク。

 

その後FUJIWARAの藤本敏史と結婚し、出産後は良妻賢母キャラでママタレとして育児本を出すほどの人気でした。

 

しかし、いっこうにおさまりをみせないこの騒動で、木下だけでなく藤本の仕事にも影響が出ています。

 

夫婦で芸能界にいられなくなるとまでいわれているこの「恫喝DM騒動」。

 

木下が今後表舞台にしばらく立てないのは確かなようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です